« [No.328-1]プラネタリウム | トップページ | [No.329-1]左の靴紐 »

[No.328-2]プラネタリウム

No.328-2

「・・・感動したからだろ?」
「そんなんやない」

センチメンタル?それともノスタルジア?それとも・・・。

「それじゃ・・・なに?」

つい、口が反応して切り返してしまった。
触れてはいけない部分があるかもしれないのに。

「なに、って言われても自分でも分からへん」
「・・・それ・・・」

言い掛けて、口を閉ざした。

「そう言えば・・・」

昨日のテレビのワンシーンに通じるものを感じた。
とある映画の製作記者会見の席で、ある女優が突然泣き出した。
不自然な涙に、当然、芸能リポーターが飛び付く。

「内容が内容だけに、今の自分と重ねたんじゃないかと思う」

そんな分かり易いシーンもあれば、無意識に出る涙もあるだろう。
自分でさえ、何に対して涙が出ているのか、分からない・・・。

「・・・そんなこともあるかもしれないな」

随分と長い前置きにも関わらず、大した結論には至らなかった。

「せやけどな・・・少なくとも悲しい涙とはちがうねん」

そう言うと夜空の星に負けないくらい、瞳が輝いていた。No328
(No.328完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

|

« [No.328-1]プラネタリウム | トップページ | [No.329-1]左の靴紐 »

(014)小説No.326~350」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.328-2]プラネタリウム:

« [No.328-1]プラネタリウム | トップページ | [No.329-1]左の靴紐 »