« ホタル通信 No.103 | トップページ | [No.328-2]プラネタリウム »

[No.328-1]プラネタリウム

No.328-1

登場人物
=牽引役(男性)=相手(女性)
-----------------------------
菜央(なお)が、星好きだということは知っていた。
知るも何も、プロフィールにそれこそ堂々と書かれていたからだ。

「最近のはやねぇ~」

最近のプラネタリウムについて、話始めた。
聞くだけでも、凄そうなイメージは伝わってくる。
菜央の話が上手いのか、それとも僕の認識が古いのか・・・。

「プラネタリウムっていったら、アレしか思い出せないよ」
「なんやねん、アレって?」

記憶の中のプラネタリウムは、何となく宇宙船をイメージさせる。
宇宙船と言うより・・・月に降り立つ着陸艇と言うべきだろうか。

「子供の頃、百科事典で・・・」

丸い大きな球体に小さな穴のようなものが無数にある。
それが何本かの脚によって支えられていた。
子供心にそれは異形の物体に見えた。

「伝わるかなー?」
「伝わるも何も、今だってそんなに変わってへん」

そんなに変わっていなければ、イメージは伝わったはずだ。

「装置だけが凄いんと違うんや、あんな・・・」

早い話、演出も凄いと言いたいらしい。
映像や音・・・とにかく天体ショーとして成立しているようだ。

「・・・でな、何でか知らんけど、見てたら涙が出るねん」

(No.328-2へ続く)

|

« ホタル通信 No.103 | トップページ | [No.328-2]プラネタリウム »

(014)小説No.326~350」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.328-1]プラネタリウム:

« ホタル通信 No.103 | トップページ | [No.328-2]プラネタリウム »