« [No.333-2]みなみちゃん | トップページ | [No.334-1]ばいばい »

ホタル通信 No.106

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.159  幸せを引寄せて
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:男性

小説で繰り広げられる展開は、ほぼ創作です。前半の買い物
や後半の桜見物に関しては実話度ゼロです。

この話は、それこそ日常生活の中で感じていたことを小説にし
たようなものです。
かばんを持つ手は左手、傘を持つ手は右手です。尚、小説上
は傘も左手で持つということにしています。
確かに、これだと矛盾しません。かばんを持っている時に雨が
降ってきたら、右手で傘を持つことになります。ただ、かばんが
なくても、傘を左手で持つことはありません。
「もしかして、持ち物によって、利き手が変わる?」そんなどうで
も良い疑問から、この話は誕生しました。

・・・で、この話を具現化しようと思った時に、ほぼ今のアイデア
と同じ展開を思い付きました
手は何かを持つためにあったり、人と人をつなぐためにあったり。
特に後者は物理的なものもあれば心の中のつながりを具体的
に見える形として、表現することもあるでしょう。これらをひとつ
にまとめるような形で小説にしました。

ラストシーンが先に決まり、話をさかのぼるように前半を書き上
げました。
主軸は事実であっても展開はほぼ創作であるために、悪い意味
で商業的な仕上がりになっています。従って、話としては綺麗に
まとまり過ぎている感は否めません
ただ、要所要所で現実のエキスを散りばめています。一例では
桜の名所を訪れるシーンは実際に行ったことがある場所をイメー
ジして書いていたんですよ。

web拍手 by FC2

| |

« [No.333-2]みなみちゃん | トップページ | [No.334-1]ばいばい »

(104)通信No.101~125」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.106:

« [No.333-2]みなみちゃん | トップページ | [No.334-1]ばいばい »