« [No.331-2]ライバル | トップページ | [No.332-1]愛は悲しみより深い »

ホタル通信 No.105

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.36 明日の笑顔
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:男性

以前、ホタル通信で“変りダネ小説”を何度か紹介させて頂き
ましたが、それにも負けないくらいの変わった話です。

早い話・・・何が負けないかと言えば、この話、もはや小説で
はありません。なぜなら、チャットのやり取りを小説風にしてい
るのですから。
ただ、実話度はそんなに低くはありません。実際に小説に良く
似たチャットが展開されたのです。
そのチャットの内容に、身の周りで実際に展開された話(以下
現実)を加えて仕上げたのが今回の小説になります。

『ずっと辛い想いをしてきたのに、今も辛いことばかり』は現実
に交わされた会話の一部です。
現実の話とチャットで全くの他人と交わした話が非常に似通っ
ていたために、これらの話を混ぜてひとつの話として完成させ
ました。ただ、後半は全て創作です。

後半は、まぁ、ありがちな展開であり、ラストもそんなに凝った
作りではありません。
最後のあやのセリフ『伝わっていると思うよ。今日もありがとう』
の“も”が、いわゆるこの話の答えになります。
以前チャットした“あや”とその後チャットをした“あや”が同一人
物だということです。

最後にもう少し内容に触れておきますね。
あやとあやが同一人物・・・小説だから、そんな偶然を演出した
わけではありません
『それと、メッセージ素敵ですね』というあやのセリフ・・・これを
伏線にしました。彼女に伝えたかったメッセージ・・・彼女にしか
伝わらないメッセージ・・・

web拍手 by FC2

| |

« [No.331-2]ライバル | トップページ | [No.332-1]愛は悲しみより深い »

(104)通信No.101~125」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.105:

« [No.331-2]ライバル | トップページ | [No.332-1]愛は悲しみより深い »