« [No.329-2]左の靴紐 | トップページ | [No.330-1]たわいのない会話 »

ホタル通信 No.104

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.21 四分儀座流星群
実話度:★★★☆☆(60%)
語り手:女性

現在のブログを立ち上げる前に、非常に短期間だけ公開したこ
とがあるブログで、四分儀座流星群について触れたことがあり
ました。

四分儀・・・声に出しても、漢字で書いてもそれにどんな意味が
あるのか、分かりませんでした
四分儀そのものをザックリ説明すれば、角度を測る装置です。
流星群は、Wikipediaにてご確認いただければ幸いです。
話の発端は、小説の通り、聞きなれない流星群であったことに
加えて、調べてみると六分儀座、八分儀座があったことで話が
膨らんで行ったことによるものです
まるでクイズの問題としても使えそうなネタですよね?別に笑え
る話ではないですが、妙に盛り上がったことを覚えています。

冒頭は、少しコミカルに入りました。
かなり初期の作品で、毎度の通り、お恥ずかしい出来栄えなの
ですが、当時の盛り上がった雰囲気をややオーバーに表現して
います。
話の主軸や展開についてはほぼ実話で、楽しげな雰囲気が伝
わるように創作を所々盛り込みました。

数ある短編小説の中でも、更に短編の小説として誕生しました。
当時は“実話”を生かすために、あえて創作要素を少なくしてい
たこともその理由です。
ただ、余りにも状況説明を省略し過ぎると、色々と不都合が出る
ため、その反省として現在のスタイルが定着しました。

・・・とは言うものの、万人受けすることが狙いでもなく、小説と呼
べるほど、そんな質の高いモノを狙ってはいません。
あくまでも日常を小説風に切り取り、そこに何らかの想いを乗せ
ることを大事にしています。
No104

web拍手 by FC2

| |

« [No.329-2]左の靴紐 | トップページ | [No.330-1]たわいのない会話 »

(104)通信No.101~125」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.104:

« [No.329-2]左の靴紐 | トップページ | [No.330-1]たわいのない会話 »