« [No.326-1]心の穴 | トップページ | [No.327-1]京阪電車 »

[No.326-2]心の穴

No.326-2

「そういうことだから」

そんなんじゃ、いつまで経っても次の恋に進めない。
進んでくれなきゃ・・・私も困る。

「どうしても無理?」
「あぁ・・・穴がピタリとふさがれない限りな」

それは絶対に有り得ない。
だって、彼女はもう・・・。

「・・・無理なの、分かってるくせに」
「だったら、ふさいでくれるのか?」
「それは・・・」

私は彼女じゃない。
それに、正直・・・私じゃ役不足なのは分かっている。

「別に構いやしないさ」

彼自身も本当は分かっている。
どうしようもないこと、どうしたらよいか、分からないことを。

「・・・分かった」
「なにがだよ?」
「私がその穴をどうにかする」

穴がふさがらないなら、こうするしかない。

「ちょっと、我慢してね!」
「な、なんだよ・・・怖い顔して」

大きく腰をひねり、右手首のスナップを最大限効かせた。
弾けるような音と共に、彼がしりもちを着いた。

「これでどう?ふさがらないなら、叩いて元に戻すまでよ」No326
(No.326完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

|

« [No.326-1]心の穴 | トップページ | [No.327-1]京阪電車 »

(014)小説No.326~350」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.326-2]心の穴:

« [No.326-1]心の穴 | トップページ | [No.327-1]京阪電車 »