« [No.325-2]似てるけど似てない | トップページ | [No.326-1]心の穴 »

ホタル通信 No.102

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.154 涙は女の武器
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:男性

読んで頂けるとすぐに分かると思いますが、全編に亘りゲーム
の要素を取り入れています。

実話度は低めで、事実と呼べるものは涙と武器という単語レベ
ルのものしかありません。ただ当時、自分の涙、他人の涙を含
めて、涙に関係したイベントが身の回りに起こっていました。

それでは、内容について触れて行きます。
話としては、商業的な要素が強く、冬のホタル的な要素は逆に
低めでしょう。
・・・武器・・・からタイトル決定、そして物語の展開、結論
までものの30分程度で書き上げることができました。もともと昼
休みの1時間の中で執筆活動をしているため、じっくり考えて書
くこともできず、2度ほど読み直して、修正を加える程度です。
その割には、手前味噌ですが、非常にテンポ良く作れた話であ
ると考えています。

ラストはいつもの通り、考えずに展開は登場人物に任せました。
本当は「ゴールドを使わされた」あたりで、ラストとするつもりでし
たが、タイトルである“涙は女の武器”が、あまりにも普通過ぎて
もうひとひねりしようと考えました
「じゃ、武器の反対で防具にしよう」と考え、それが不思議なくら
い、ラストに相応しいものとなりました。

最後にですが、ゲーム自体は好きですよ。
召喚獣・・・とくれば、ドラクエとRPGの人気を二分する、アレで
すよね。もちろん、ゲーム的な要素はそれを思い浮かべながら
書きました。

web拍手 by FC2

| |

« [No.325-2]似てるけど似てない | トップページ | [No.326-1]心の穴 »

(104)通信No.101~125」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.102:

« [No.325-2]似てるけど似てない | トップページ | [No.326-1]心の穴 »