« [No.323-2]隣人 | トップページ | [No.324-1]二度目の別れ »

ホタル通信 No.101

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

特別編(後半)

No.100」に引き続き、“せいじゅうろうシリーズ”の誕生秘話
をお届けします

No.07 せいじゅうろう」を書いた時点では続きを書く予定では
ありませんでした。「No.15 せいじゅうろう-菜緒-」は「No.07」
を今度は菜緒(女性)の立場で描いたものです。
従って、続編という位置付けではありません。あくまでも同一
の話です。

「No.100」の最後で書いたように、ひとつの恋が終わり、それ
が想い出に変わる予定だったのですが、終わったはずの恋が
また始まってしまったのです。
No.25 受信フォルダ8」が、その始まりになります。詳しくは
ホタル通信 No.078」をご覧頂ければ・・・

つまり「No.07」を書いた時点では続編の予定がなかったわけ
ですから、これ一話で完結することになりました。
ところが数ヵ月後にまた始まってしまい、どうしたものかと・・・。
それで仕方なく、自分の中で整理するために、ドラマなどで良
く使う手法で、無理やり納得することにしました。

その手法とは、第一話の冒頭で、最終回のシーンを見せるも
のです。あるいは推理小説で犯人を先に見せておいて、いか
に犯人を追い詰めるかを見せるものとも似ています。
今、書いているせいじゅうろうシリーズは、「No.07」の“懐かし
むまでの2年間”に体験した話として書いています。
ですから「No.07」以降の話は全て回想シーンとして描き続け
おり、仮にせいじゅうろうシリーズが最終回を迎える時、もう一
度、「No.07」のラストが登場することになります。

いかがでしたか?
これがせいじゅうろうシリーズ誕生の秘密なんですが、実はも
うひとつ秘密があります。
それは・・・もう最終回を書いてもいいんですよね、本当は・・・。
でも書けずに居るんです

web拍手 by FC2

| |

« [No.323-2]隣人 | トップページ | [No.324-1]二度目の別れ »

(104)通信No.101~125」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.101:

« [No.323-2]隣人 | トップページ | [No.324-1]二度目の別れ »