« [No.321-2]身軽なわけ | トップページ | [No.322-1]英国屋 »

ホタル通信 No.100

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

特別編(前半)

2010年01月からスタートしたホタル通信もついに「No.100」を
迎えました。
そこでひとつの区切りとして、「No.100」と「No.101」の2回に亘
り、普段とは違った嗜好でホタル通信をお届けします

ブログを始めた頃は、いわゆる“小説のネタばらし”をする予定
ではありませんでした。だからこそ、実話や実話をヒントにした
スタイルが定着して行きました。
100%の実話を書いたとしても、それは“書き手のみぞ知る”と
言った具合です、でも、ちょっと待てよ・・・と。
これだと嘘のような本当の話であっても、読み手には何も伝わ
りません。そのため、読み手に「実話なの?」という一種のリア
リティを提供する目的で、小説の裏側と共に実話度を紹介する
ようにしました。

ブログを立ち上げた理由はいくつかあるのですが、そのひとつ
に、“ある人の存在”が大きく影響しています。
今でもその人の影響を色濃く受けており、その際たる小説が
“せいじゅうろうシリーズ”なんです。
この小説、自己満足も甚だしい、極めて意味不明な小説なの
ですが、一番ドラマティックに誕生したんですよ。
No.07 せいじゅうろう」で初登場し、それ以降定期的に登場
させています。

No.07は数字が表す通り、初期の作品で、何ともお恥ずかしい
限りの出来栄えです
それはさておき、小説後半の中盤「何だよそれ・・・」以降は現
時点から2年後の話になっています・・・ですが、2年前にこのよ
うな出来事があり、それを思い出して書いたのではありません。
2年後の未来を描いています。

では、どうして未来を描いたのか
詳しくは「No.101」でお話させて頂きますが、二言三言で表現す
れば、次のような感じでしょうか・・・。
『ひとつの恋が終わり、それを振り返るように小説を書いた。そし
て数年後、それを懐かしく思える瞬間があるだろう』
・・・になる予定だったのですが、ここから先がドラマティックに誕
生したと紹介させて頂いた理由になります。
ちなみに写真がうわさの“せいじゅうろうなんですよ。
(No.101へ続く)

No100

web拍手 by FC2

| |

« [No.321-2]身軽なわけ | トップページ | [No.322-1]英国屋 »

(103)通信No.076~100」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.100:

« [No.321-2]身軽なわけ | トップページ | [No.322-1]英国屋 »