« [No.319-2]いつも通りの味 | トップページ | [No.320-1]靴の中から »

ホタル通信 No.099

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.133 怪物の涙
実話度:
★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性

実話度は低めですが、この話には実在のモデルが存在します。
そのモデルのエピソードを大きく作り変えました

ある辛いことがあり、それをグッと我慢していた。
その辛い胸の内を話したことで、今まで我慢してきたからこそ
の溢れる涙を抑えることが出来なかった・・・そんなシーンを切
り取っています。
前半冒頭はドラマでも良く使われているようなシーンだと思い
ますが、ラストを印象付けるためにイメージしやすいものを選び
ました。
ラストを印象付けるために、冒頭のシーンを・・・となると、言わ
ずともラストが最初に決まり、それを肉付けするかのように話を
さかのぼりながら作りました

ところで、タイトルである怪物の涙・・・。
なぜ、そのようなタイトルになったのかは小説を読んで頂けれ
ば分かって頂けると思います。
でも、泣けない女、泣かない女を単純に怪物呼ばわりしている
わけではありません。そのあたりも感じ取って頂ければ幸いで

最後に話を作り変える前のエピソードなんですが、涙を誘うきっ
かけになったのは1通のメールでした。ややプライベート寄りの
仕事上のメール・・・と言えば良いのでしょうか。
従って、涙のシーンを実際には見てはおらず、メールの返信か
ら伝わる感情を小説にしています。

web拍手 by FC2

| |

« [No.319-2]いつも通りの味 | トップページ | [No.320-1]靴の中から »

(103)通信No.076~100」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.099:

« [No.319-2]いつも通りの味 | トップページ | [No.320-1]靴の中から »