« [No.313-2]すっぱいぶどう | トップページ | [No.314-1]ファースト・イベント »

ホタル通信 No.096

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.162 ある場所の奇跡
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:女性

たまに登場する“謎解き風”小説です・・・が、解けているようで
解けていません。具体的な場所の記述がないからです。

前半の見ず知らずの人の携帯電話と後半の実際にその場所に
行くという部分はどちらも創作です。
ただ、今回の舞台となっている“ある場所”は実在し、その場所
を初めて見たのは高速道路からでした。この辺りの事実を鑑み
て実話度40%にしています。

“ある場所”に対して、小説に書いた通りの印象を受けました。
SFっぽさ満載で、それこそファイナルファンタジーに出てきても
全く違和感がないくらいです
実際に建物が存在しているはずなのにCGのように見え、綺麗
というより、どことなく“錆付いた感”が、より一層SFっぽさを増し
ています。

これらはまさしく感動ものであり、その気持ちを小説にしてみた
くなりました。小説の構想を練るまでもなく、ごく自然に“謎解き
風”で書き進めました。
後半は多少強引に解決へ結びつけていますが、地元ならでは
の有名スポット・・・ということで片付けました。一応、伏線として
前半に“映画・ゲーム・SF”というキーワードをあげて、後半では
それを繋げることができる友人を登場させています。

さて、ここまで話して「ある場所がどこなのか?」言わないわけ
にはいきませんよね。場所は、堺泉北臨海工業地帯です。
ですが、私が見た風景は阪神高速4号線を北(大阪方面)へ向
かって走っていた時です
助松JCTを超えると、まもなくして緩やかに左にカーブする場所
があり、そこからこのような風景が見えます。
夜景ももちろん綺麗なのですが、明るい時に見る方が私は断然
好きです。

尚、車の運転には十分ご注意ください
それと・・・記憶と地図を重ね合わせて書いていますので、もし
っていたらすみません。
web拍手 by FC2

| |

« [No.313-2]すっぱいぶどう | トップページ | [No.314-1]ファースト・イベント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.096:

« [No.313-2]すっぱいぶどう | トップページ | [No.314-1]ファースト・イベント »