« [No.311-2]右手の指輪 | トップページ | [No.312-1]重なるイメージ »

ホタル通信 No.095

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.97 涙は心の汗
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:女性

ホタル通信を書く際には、一度読み返しているのですが、自分
で作っておきながら「」の部分があるのはご愛嬌ということで。

この小説も時間的な補足が必要な構成です。
前半、中盤に差し掛かる前の、“頑張るきっかけがあった”から
以降は過去の話になり、過去の話のまま終了します。
つまり、ドラマでいう回想シーンに入って、回想シーンのまま終
ります。

いわゆる“名言”を用いたせいか、ちょっと狙い過ぎた部分が多
くあり、特に後半は意味不明状態に突入しています。
このころは、ただただ勢いだけで書いているので、何ともお恥ず
かしい出来栄えですが、逆に勢いがあるときこそ現実にそれが
起こっており、伝えたい何かがある・・・とも言えます。

小説では、失恋の痛手・・・となっていますが、現実は失恋で
はなく、それに似たような出来事が起こっています。
それを忘れるために、がむしゃらに・・・というところはほぼ事実
ですが、後半になればなるほど創作になり、加えて意味が分か
りにくい部分が散見されるようになります。
小説を発表した当時は、会話を区別するために文字に色を付け
るという手法を採用していませんでしたので、自分のセリフなの
か相手のセリフなのか分かりにくく、ご迷惑をお掛けしました。

完成度の低さの話ばかりでしたが、最後に内容について触れさ
せて頂きます
汗は心の涙・・・もちろん、涙は心の汗をもじった言葉です。でも
当時は本当にそんな感じでした。ただがむしゃらに汗をかく・・・
体を動かすことによる、本当の汗であったり、実は涙の代わりで
あったり・・・。
皆さんの周りにもいらっしゃいませんか?がむしゃらに頑張って
いる人。もしかしたら、悲しみの裏返しなのかもしれません。

web拍手 by FC2

| |

« [No.311-2]右手の指輪 | トップページ | [No.312-1]重なるイメージ »

(103)通信No.076~100」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.095:

« [No.311-2]右手の指輪 | トップページ | [No.312-1]重なるイメージ »