« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

ホタル通信 No.099

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.133 怪物の涙
実話度:
★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性

実話度は低めですが、この話には実在のモデルが存在します。
そのモデルのエピソードを大きく作り変えました

ある辛いことがあり、それをグッと我慢していた。
その辛い胸の内を話したことで、今まで我慢してきたからこそ
の溢れる涙を抑えることが出来なかった・・・そんなシーンを切
り取っています。
前半冒頭はドラマでも良く使われているようなシーンだと思い
ますが、ラストを印象付けるためにイメージしやすいものを選び
ました。
ラストを印象付けるために、冒頭のシーンを・・・となると、言わ
ずともラストが最初に決まり、それを肉付けするかのように話を
さかのぼりながら作りました

ところで、タイトルである怪物の涙・・・。
なぜ、そのようなタイトルになったのかは小説を読んで頂けれ
ば分かって頂けると思います。
でも、泣けない女、泣かない女を単純に怪物呼ばわりしている
わけではありません。そのあたりも感じ取って頂ければ幸いで

最後に話を作り変える前のエピソードなんですが、涙を誘うきっ
かけになったのは1通のメールでした。ややプライベート寄りの
仕事上のメール・・・と言えば良いのでしょうか。
従って、涙のシーンを実際には見てはおらず、メールの返信か
ら伝わる感情を小説にしています。

web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.319-2]いつも通りの味

No.319-2

さて、どうしたものか・・・。
別に間違った所で、責められるものではない。
ただ、妙な緊張感には包まれている。

「あぁ、それね・・・」

まずは、一呼吸置くために、余り意味がない言葉を挟んだ。
お米、水、炊き方・・・いずれか、またはその組合せだろう。

(炊飯器は替わってなかったよな・・・)

「そう、それそれ!」

(そう言えば思い出した・・・)

リラックマ米・・・最近、見たことがある。
もちろん、パッケージにリラックマが描かれているだけに過ぎない。
美味しさは、お米そのものの力だろう。

「や、やっぱり米の力だね~」

流れに乗って、勢いで言い切ってしまった。
これが吉と出るか凶とでるか・・・。

「おっ!鋭いやん」
「だ、だろ・・・」

嬉しさ半分、緊張半分の声になった。

「せやけど、不思議やわ~」
「何がだよ?」
「お米自体は替えてへんのに」
「・・・へっ!?」

そう言うと、菜緒が目の前に何かを差し出した。

「せいじゅうろうパワーやろか」

やはり、いつも通りの味だったようだ。
Sn3p0041
(No.319完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.319-1]いつも通りの味

No.319-1   [No.07-1]せいじゅうろう

登場人物
=牽引役(男性)=相手(女性)
-----------------------------
「どない!なぁ・・・どない?」

菜緒(なお)の思いっきりの大阪弁にもスッカリ慣れた。

「どない・・・って、何が?」
「今、食べてるご飯のことやん!」

何の前振りもなく、いきなり話が展開する。

「まぁ、いつもの通・・・」

(・・・まさか!)

言い終る前に、ハッと気付いた。
お米を替えた可能性がある。

「・・・の、てか、んだ・・・いつもより美味しいよ!」

焦りすぎて接続詞が成立していない。
それに言い終えてから、また気付いた。

(もしかして、水・・・?)

いや、炊飯器を新しくしたのかもしれない。
さりげなく、炊飯器に目を向けて見た。

「そやろ!うちも美味しくなったと思ってるねん!」

会話はなんとか成立しているようだ。

「うん、うん、旨い旨い!」

その瞬間、菜緒の表情が変わった。
恐らく・・・。

「じゃぁ・・なんで美味しくなったか分かる?」

思ったとおり、そこに直球が投げ込まれた。

(No.319-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.318-2]超・雨女

No.318-2

案の定、今にも泣き出しそうな空模様だった。
私の力を持ってすればコースに一歩でも踏み出した途端・・・。

「・・・おっ!降って来たな」

恐れていたことが現実になった、それもまだ室内だというのに。

「ところで接待先は?」
「あぁ、もうプレーしてるよ」
「・・・えっ!?」

(プレーしてる?どういうこと・・・?)

「じゃぁ・・・私たちって・・・?」
「まぁ、いいから、いいから!」

なぜだか嬉しそうな顔だ、雨が降り出しているというのに・・・。
それに・・・。

「雨・・・ひどくなってきましたね」

ますます、雨足が強くなってきた。
もはやゴルフどころではない。

「すみません・・・私のせいで・・・」
「・・・雨女ってことだろ?それも“超”が付く・・・」
「知ってたんですか!?」

聞けば、ライバル会社が接待ゴルフをしているらしい。

「雨で中止だろうけどな」
「・・・だから、あえて呼んだのですか?」
「だったら、言ってくれれば・・・」
「重荷に感じたら、本来の“力”を発揮できないだろ?」

さすが上司・・・私のことを良く見ている。

(No.318完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.318-1]超・雨女

No.318-1

登場人物
=牽引役(女性)=相手(男性)
-----------------------------
「今週末、ゴルフに付き合ってくれないか?」
「えっ!私ですか・・・?」

公私共々、信頼を寄せている上司だ。
いわゆる“セクハラまがい”のお誘いではないのは明らかだ。

「いいんですか・・・私で?」
「逆に、君じゃないとダメなんだ」

聞けば接待ゴルフらしい。
だからこそ、初心者の私が選ばれたようだ。

「下手な方が、喜ばれますもんね」
「・・・悪いけどそういうことなんだ」

これも仕事の内だと認識している。
だから、嫌だという気持ちはない。
でも・・・ひとつだけ気掛かりなことがある。

「本当に私でいいのでしょうか?」
「もちろん!思いっきり下手さ加減を披露してくれれば」

披露もなにも、確実にそうなる。
これに関して言えば、まぁ・・・接待は大成功の内に終るだろう。

「あっ、はい・・・それはもちろん!」

ただ、なかなか気掛かりなことを切り出せない。

(私、“超”が付く雨女なんです!・・・と)

雨が降っては接待どころじゃない。
けど、切り出したところで、科学的な根拠がない話だ・・・。
結局、それを伝えることができず、当日を迎えた。

(No.318-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.098

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.44 窓辺から
実話度:☆☆☆☆☆(00%)
語り手:女性

初期の作品に見られがちな“ムーディな話”ではありますが、こ
れまた完成度が低く、分かりにくさ満載です

実話度0%なので、とりたてて主軸となる事実はありませんが、
“カフェでひとり、何かを想っている人”と“その周囲”を描写した
ような話です。
ただ、こんな話を書く時は、決まって何らかの悩みを持っている
時であり、そのアウトプットとして小説が誕生します。
小説の中に“大勢の中の一人”という言葉が、2度登場します。
これは対比させた表現として使っています、大勢とひとりと言う
意味で捉えてください。
その他に、夏の陽気に対する心の中、人の雑踏に対する店内
の軽やかさも、対比表現させた部分です。

様々な表現を使い“光と影”を演出したのは、当時、抱えていた
悩みごとのせいです。
悩みごとについては明言を避けますが、自分の悩みではなく、
他人の悩みを一緒に悩んでしまう・・・こんなパターンでした。
で、“どうすれば良いのだろうか?”と悩む姿が、この小説その
ものです
何となくムーディな言葉を使い、ちょっとお洒落な雰囲気を漂わ
せて・・・一言で言えばアンニュイな状況を描いてみました。

最後に補足します。
前半の終了間際のセリフ「季節に関係ないじゃん!」「そうなん
だけど・・・」は回想シーンになります。
超短編だけに、あえてその辺りの描写を避けたのですが、恐ら
く読んでくださる方には伝わっていないと思います。
今でもそのスタイルは変えていませんが、改善の意味を込めて
マークを付けるようにしました。
No098

web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.317-2]胸が見えた!?

No.317-2

胸が大きいせいか、胸のあたりに隙間ができる。

「よく分からないけど?」

確かに言葉では伝えにくい。
・・・けど、今カノでは役不足だ。

「どうせ、私は貧乳ですよ!」

目線ですぐさま感じ取られてしまった。
でも、これには敏感に反応せず、とにかく説明を続けた。
ブラウスのボタンとボタンの間・・・そこが口を開けたようになる。
・・・で、真横に居ればその隙間から胸が見えてしまう・・・と。

「だから素直に言ったんだよ“見える”って」

胸が大きいからそうなるとは断言できない。
ただ、窮屈な部分と弛んでいる部分ができていた。

「どう思う?」

女子としてだけではなく“付き合っている”という関係も同じだ。

「どう思うって・・・」

僕としては、その言葉に特別な意味を含ませたつもりはない。
事実だけを淡々と言ったに過ぎない。

「普通、言わないんじゃない?」

元カノと同じセリフを言った。

「やっぱり、そう来るかぁ・・・・」
「若干違うけど・・・今カノに、こんな話をしないんじゃない?普通!」

彼女が不機嫌な理由はこんな話をしたせいだろうか。
それとも、胸の大きさで負けたせいだろうか・・・。

(No.317完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.317-1]胸が見えた!?

No.317-1

登場人物
=牽引役(男性)=相手(女性)
-----------------------------
『普通、言わないんじゃない?』

今でも心に残っている、元カノの一言だった。

「よほどひどいこと言ったの?」

今カノの言葉だった。

どういう話の流れでこうなったのか・・・。
こと元カノの話題になると、恐ろしいほど話が深堀される。

「まさか!ただ、素直な気持ちを言ったまでだよ」

高校生の時に付き合っていた彼女は胸が大きかった。
そのせいか、時より嬉しいパプニングに遭遇した。

「・・・そっち系?」

やや視線が厳しい。

「と、とりあえず最後まで聞いて!」

否定はしない・・・そっち系の話題には違いないからだ。
でも、言うほど不純な話でもない。

「なによ、そのパプニングって?」

夏になると、制服はブラウスだけになる。

「・・・そんな目で見てたの?」
「違う!違う!当時はまだ・・・」
「当時?じゃあ今はなによ!?」
「いや、だから、それでな・・・」

ギリギリアウトかもしれないが、勢いで話を続けた。

(No.317-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.316-2]さすらいの太陽

No.316-2

「・・・気に障る部分もあるけど」
「まぁまぁ、怒らない!怒らない!」

さっきまでとは立場が逆転した。
悩み相談どころか、こっちが落ち込んでしまいそうだった。

「で、アドバイスだったわね!」

多少、投げやり的な言葉になってしまった。
けど、なにかアドバイスはしてあげたい。
思ってる以上に、傷付いていると思うからだ。

散々泣いたのだろう・・・まぶたが赤く腫れている。

「ある歌を紹介してあげるよ」
「・・・歌?」

私がとやかく言うより、効き目があると考えたからだ。
歌は、それこそ色々な要素が凝縮されている。

「昔のアニメの歌なんだけどね」

ただ、口ずさむのはチョット照れくさい。

「“さすらいの太陽”で検索してみて」
「YouTubeにあるから・・・それとオープニングの歌だから」

もちろん、歌詞がアドバイスになる。
でも歌詞だけでなく、全体的な雰囲気も伝えたい。
だから、歌詞検索を勧めなかった。

「楽しみね、どんなアドバイスしてくれるのか」

おそらく、その期待は裏切られることになるだろう。
騙したわけじゃないけど、その歌にアドバイスは含まれていない。
現実に向き合って生きること・・・。
何もアドバイスしないことが、時にはアドバイスになることもある。

(No.316完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.316-1]さすらいの太陽

No.316-1

登場人物
=牽引役(女性)=相手(女性)
-----------------------------
悩みごとの解決方法は様々あるだろう。
ただ、他人の悩みごとの解決となると・・・。

「ねぇ、相談に乗ってくれる?」

友人が明らかに暗い表情をしている。
口は悪いが、明るいだけがとりえの友人だ。

「別れたの、彼と・・・」

つい、「なんだぁ~」と口が滑りそうになった。
これも口が悪いが、どこにでもある話だ。

「・・・それは残念だったね」

とりあえず当たり障りのない言葉で慰めた。

「原因は?」
「・・・彼の浮気」

いまどきドラマや小説にも登場しない“鉄板”な展開だ。
・・・とはいうものの、傷付いてはいるだろう。

「男性不信に陥りそうだよ」
「なに言ってんのよ、まだ二十歳じゃない!」
「だから、傷付いてるんじゃない!」

反論が出来なかった。
確かに・・・若さゆえに傷を癒す方法を持っていない。
それ以前に傷付くことに、そんなに慣れていない。

「ごめん・・・」
「それより、何かアドバイスない?」
「私でいいの?」
「うん、だって経験豊富でしょ?」

私が選ばれた理由は、不名誉にもそこにあったらしい。

(No.316-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.097

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.186 花火
実話度:★★★★☆(80%)
語り手:男性

細かい描写を除けば、ほぼ100%実話と言えるのですが、肝心
のラストをお茶を濁したようにしたため、80%としました。
語り手は小説の牽引役である男性ですが、作者は出張した男
性あるいは出張先の職場の女性・・・そのどちらかになります。

さて、現実の展開は、ほぼ小説通りです。
滞在期間は1週間程度でしたが、驚くほどのスピードで仲良く
なって行きました。
ただ、そうは言っても、そこにはアダルトな要素はありません。
お互い若かったこともあり、色々なことを意識する必要が逆に
なかったかもしれませんね

実は海に行く前に飲み会があって・・・だからこそ“どこかの海”
という表現になっています。
今、思えばそれこそ青春ドラマか昭和のトレンディドラマにも使
えそうなワンシーンでした。夜海、花火・・・今でも鮮明に覚え
ています。

ラストを含め、気になるふたりの関係について話を進めます。
“仲が良い”から先に発展することはなく、楽しかった想い出と
して、静かに夏は終りました。もちろん、それ以上の関係を望ん
でいなかったこともあります。
・・・ところが1年後、思わぬ所で再会する機会が生まれました。
今度は彼女が仕事で出張して来ることになったのです。

でも、私たちが出逢うことはありませんでした。逢うことが叶わ
なかったのではなく、理由を付けてあえて逢わなかったのです。
理由については色々と想像してみてください。
また、お茶を濁したような終り方になってしまいましたけど(笑)

web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.315-2]三行小説

No.315-2

「是非、三行小説聞かせてよ!」

当時、特に人気だった、とある作家の小説をネタにした。
もちろん、今でも不動の人気だ。

「誰?」
「ほら、三毛猫が活躍する・・・」
「あぁ・・・ホームズね?」

作家の名前を言えばいいのに、なぜか間接的な表現になった。
それもお互いに・・・。

「ねぇ、早くぅ!」
「期待しないで聞いてよ」

物の数秒で終了する長さだ。
勢いを付けて、さっさと話してしまおう。

「待ってましたぁ!」

流れに乗って、一気に話した。

「・・・プッ!」

概ね、予想された展開だ。

「だから、言ったじゃない・・・」
「ごめん、ごめん!話が濃厚過ぎて」

その作家の数々の作品をギュッと凝縮したつもりで書いた。

「ねぇねぇ、もう一回、勢いで!お願い!」
「もぉ・・・仕方ないわね」

『ニャー!
犯人はお前だ!
私がやりましたぁ・・・』

No315
(No.315完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.315-1]三行小説

No.315-1

登場人物
=牽引役(女性)=相手(女性)
-----------------------------
意外かもしれないがそれは、“趣味”ではない。
むしろ、“仕事”に近い。

「だから続けられるのかもしれない」

ブログで短編小説を書いている。
小説と呼べるほど、そんな格調高いものではないが・・・。

「何年くらい続けているの?」
「そうね・・・もうすぐ、3年になるかな」

ブログを立ち上げた理由は、一言では言い尽くせない。
それよりも、今になって思い出したことがある。

「・・・なにを?」
「私ね、大昔に一度だけ、小説書いたことがあったの」

ブログを続けたことで、ずっと忘れていたことを思い出した。

「いつ頃?」
「えっと・・・ね・・・高校生の時だった」

当時、付き合っていた人の影響で、小説を読み始めた。
電車通学もあり、行き帰りの車中は絶好の読書タイムでもあった。

「でね、彼の誕生日に冗談のつもりで」
「小説書いたの?」
「うん、それも三行だけ」
「・・・短っ!」

どうして、三行なのか、さすがに理由は覚えていない。
けど、この時に今へと繋がるものが生まれた可能性もある。

「そうなると気になるわね・・・・覚えてる?」
「まぁ、一応ね」

覚えているというより、忘れるほどの量ではない・・・のが正解だ。

(No.315-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.314-2]ファースト・イベント

No.314-2

ある日、玲於奈(れおな)から昔話を聞かされた。

「うちな、中学生の時、イジメられてたんよ」

そもそもの原因は、恐らく彼女の家庭環境にあるのだろう。
そんな家庭環境の中で彼女の人格が形成された。

「別に、なにもしてないんやけど・・・」
「うちの存在自体、あかんかったみたい」

その環境はある意味、彼女を大人に変えた、でも・・・。
大人びた考えや行動が周囲に受け入れられるはずもなかった。

「気が強かったのは昔からなんだ?」
「そうみたい、良くも悪くも」

どことなく遠くを見つめる瞳に、しばらく声を掛けられなかった。
自分の性格が色々な面で災いしているのを自覚している。

「でもいいんじゃない?」
「よくないやん!以前もパソコンのことで」

前に聞いた例のパソコンのことだ。

「あれは、どう考えても相手が悪いだろ」
「せやかて、うちも言い過ぎた」

自分の性格を自覚してればそれでいい。
気の強さも、今では彼女のひとつの持ち味だと感じている。
確かに最初は違う一面を見て驚きもしたが・・・。

「こんな性格やから損ばっかりやし」
「・・・僕にとっては得だっだよ」

そんな彼女だからこそ、興味を持った。
全てをひっくるめて、玲於奈のことを好きになっていった。
そう・・・数々の点を繋ぎ合わせるかのように。

(No.314完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.314-1]ファースト・イベント

No.314-1

登場人物
=牽引役(男性)=相手(女性)
-----------------------------
「・・・ひどいと思わへん?」
「思う!思う!」

玲於奈(れおな)の勢いに負けたような返事になった。
でも、言ってることは間違ってはいない。

「ほんとに頭にくるわ!」
「そりゃ、勝手に見られたら怒るよな・・・」

玲於奈は寮生活をしている。
ひとり部屋ではなく、ふたり部屋だ。
その同室の人にパソコンを勝手に使われたという。

「色々とプライベートな部分もあるやろ」

ある意味、個人情報の宝庫とも言える。
メールやらデジカメの写真やら・・・。

「一言も二言も、そいつに言うたったわ!」
「そいつってな・・・」

玲於奈が“そいつ”について話始めた。
でも、玲於奈には申し訳ないが、僕の興味は別にある。

「・・・なんだよね!」
「そうなんだ」

どうにでも取れる曖昧な返事を返した。

それにしても・・・。
玲於奈が怒っている姿を始めてみたかもしれない。

そして、それ以上に・・・。

「玲於奈って、案外気が強いんだね」
「知らなかった?」

この時はまだ“点”に過ぎなかった。

(No.314-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.096

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.162 ある場所の奇跡
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:女性

たまに登場する“謎解き風”小説です・・・が、解けているようで
解けていません。具体的な場所の記述がないからです。

前半の見ず知らずの人の携帯電話と後半の実際にその場所に
行くという部分はどちらも創作です。
ただ、今回の舞台となっている“ある場所”は実在し、その場所
を初めて見たのは高速道路からでした。この辺りの事実を鑑み
て実話度40%にしています。

“ある場所”に対して、小説に書いた通りの印象を受けました。
SFっぽさ満載で、それこそファイナルファンタジーに出てきても
全く違和感がないくらいです
実際に建物が存在しているはずなのにCGのように見え、綺麗
というより、どことなく“錆付いた感”が、より一層SFっぽさを増し
ています。

これらはまさしく感動ものであり、その気持ちを小説にしてみた
くなりました。小説の構想を練るまでもなく、ごく自然に“謎解き
風”で書き進めました。
後半は多少強引に解決へ結びつけていますが、地元ならでは
の有名スポット・・・ということで片付けました。一応、伏線として
前半に“映画・ゲーム・SF”というキーワードをあげて、後半では
それを繋げることができる友人を登場させています。

さて、ここまで話して「ある場所がどこなのか?」言わないわけ
にはいきませんよね。場所は、堺泉北臨海工業地帯です。
ですが、私が見た風景は阪神高速4号線を北(大阪方面)へ向
かって走っていた時です
助松JCTを超えると、まもなくして緩やかに左にカーブする場所
があり、そこからこのような風景が見えます。
夜景ももちろん綺麗なのですが、明るい時に見る方が私は断然
好きです。

尚、車の運転には十分ご注意ください
それと・・・記憶と地図を重ね合わせて書いていますので、もし
っていたらすみません。
web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.313-2]すっぱいぶどう

No.313-2

「それって“すっぱいぶどう”と似てない?」

すっぱいぶどう・・・イソップ寓話だ。
確か・・・。

「一言で言えば“負け惜しみ”の話だよね」
「そうね・・・そう言える」

心外ではあるものの、言われてうなづける部分も否定できない。

「別に勝ち負けには関係しないけど」
「誤魔化しているようにも聞こえる」

(誤魔化している?)

「そんなつもりはないけど・・・」
「ただ、どうせ押して帰るなら・・・と思ったの」

結局、家に着くまで1時間近く掛かった。
それだけの距離と時間・・・。
いわゆるモチベーションを維持するための、自分なりの方法だった。

「だったら“事故に遭ってたかも”は縁起でもないよ」
「・・・だね」

いつになく、同僚の言葉が心に響いた。

「茶化すつもりはないけど、いつになく“熱く”語ってない?」
「だって、本当に自転車の話だとは限らないでしょ?」
「彼氏を“自転車”に置き換えたとでも?」

一瞬だけ間を置いてたから、ふたりして大爆笑した。

「それは本当にない!ない!」
「だよね、あなたなら・・・」

そう・・・本当にそうなら“自転車は置いて帰った”はずだ。

(No.313完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.313-1]すっぱいぶどう

No.313-1

登場人物
=牽引役(女性)=相手(女性)
-----------------------------
「やだぁ・・・」

思わず声が出てしまった。

「どうしよう・・・家まで相当距離あるし・・・」

けど、悩んでもいても始まらない。
とにかく、パンクしている自転車を押しながら帰路に着いた。

「それは大変だったね」
「まぁ・・・ね」
「あれ?そのわりには、涼しげな顔だけど?」

確かに昨日は大変だった。
自転車で数十分の距離も、歩くとなれば倍以上時間が掛かった。
それにいつもの相棒が逆に足手まといにもなっていた。

「わたしね、なんでも都合よく解釈するの」
「どういう意味?」
「自転車がパンクしたのなら・・・」

結果的に自転車に乗れない。
乗れないことにより、大袈裟だが運命が変わったはずだ。

「もし、パンクせずにそのまま乗って帰っていたら・・・」
「事故に遭ってた・・・とか?」

事故を回避するために自転車はパンクした。
・・・そう考えるようにしている。
だから、パンクというトラブルが発生したわけではない。
むしろ、逆にラッキーな出来事が発生したと言える。

「どう?前向きな考えだと思わない?」
「うーん、どうだろう・・・」

ふたつ返事で同意を得られると思っていた。

(No.313-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.312-2]重なるイメージ

No.312-2

「とにかく気になるから」

本来の用事はそっちのけで、手掛かりを探した。
記憶にないなら周りから情報を集めればいい。

「やっぱり、店だよね?」
「そう思う・・・両隣もそうだし、この辺りはちょっとした商店街だし・・・」

小さなパン屋さん・・・そんなお店が似合いそうな空間だ。

「なかなか手掛かりはないわね」
「いっそのこと、お隣さんに聞いてみる?」
「いや・・・」

こうなれば、是が非でも自分たちで解決したい衝動に駆られた。
単に思い出せないことが悔しいのではない。
うまくは言えないけど・・・。
大切な何かが、そこにあるように感じるからだ。

「分かった・・・わたしもそんな気持ち」

もう一度、周辺を見渡す。
そして、改めて自分の記憶に残るイメ-ジと重ね合わせてみる。
ぽっかり空いた空間に重なるもの・・・重なるもの・・・。

「・・・あれ?」
「どうしたの?」
「重ならない・・・」

何となく想い出したイメージと空間が重ならない。

「だから、調べてるんじゃないの?」
「そうじゃなくて、もとから無かったんだよ、ここには・・・」
「だったら、なぜこんなに違和感があるの?」

友人の言葉はもっともだ。
現に、わたしもそう感じていたからだ。

「両隣が新しく出来たからよ」
No312_3
(No.312完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.312-1]重なるイメージ

No.312-1

登場人物
=牽引役(女性)=相手(女性)
-----------------------------
見晴らしの良い空間に、違和感を覚えた。

「・・・だよね?」

友人もそう感じたのだろう・・・お互い顔を見合わせる。

「あったよね?」
「うん、あった、あった」

最寄り駅へと続く道を歩いていた。
久しぶりに友人に逢い、そして歩くこの道もまた久しぶりだった。

「何だったっけ?」
「それが問題・・・」

違和感の答えは明白だ。
本来、あるべき建物が無くなっている。
おそらく、知らない内に取り壊されてしまったのだろう。

「いやだぁ・・・全然、思い出せないよ」

確かにあまり通らない道ではある。
だから、仕方がないとも言えなくもない。

「私たち、なに見てたんだろうね」

単に記憶の問題・・・。
けど、なぜだか、それだけでは片付けられない重みを感じる。

「そうね、これが“人”だったとしたら・・・」

例えば、教室から誰かが消えたとしよう。
でも、机は残されている。

「それで・・・ここに誰が座っていたっけ?」
「きっとそうなる」

例え話が相応しいかどうかは別にしても、こんな感じだ。
私たちは案外、見ているようで見ていない。

(No.312-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.095

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.97 涙は心の汗
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:女性

ホタル通信を書く際には、一度読み返しているのですが、自分
で作っておきながら「」の部分があるのはご愛嬌ということで。

この小説も時間的な補足が必要な構成です。
前半、中盤に差し掛かる前の、“頑張るきっかけがあった”から
以降は過去の話になり、過去の話のまま終了します。
つまり、ドラマでいう回想シーンに入って、回想シーンのまま終
ります。

いわゆる“名言”を用いたせいか、ちょっと狙い過ぎた部分が多
くあり、特に後半は意味不明状態に突入しています。
このころは、ただただ勢いだけで書いているので、何ともお恥ず
かしい出来栄えですが、逆に勢いがあるときこそ現実にそれが
起こっており、伝えたい何かがある・・・とも言えます。

小説では、失恋の痛手・・・となっていますが、現実は失恋で
はなく、それに似たような出来事が起こっています。
それを忘れるために、がむしゃらに・・・というところはほぼ事実
ですが、後半になればなるほど創作になり、加えて意味が分か
りにくい部分が散見されるようになります。
小説を発表した当時は、会話を区別するために文字に色を付け
るという手法を採用していませんでしたので、自分のセリフなの
か相手のセリフなのか分かりにくく、ご迷惑をお掛けしました。

完成度の低さの話ばかりでしたが、最後に内容について触れさ
せて頂きます
汗は心の涙・・・もちろん、涙は心の汗をもじった言葉です。でも
当時は本当にそんな感じでした。ただがむしゃらに汗をかく・・・
体を動かすことによる、本当の汗であったり、実は涙の代わりで
あったり・・・。
皆さんの周りにもいらっしゃいませんか?がむしゃらに頑張って
いる人。もしかしたら、悲しみの裏返しなのかもしれません。

web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.311-2]右手の指輪

No.311-2

「・・・気付かなかったことに対してだろ?」
「そうよ」

これは間違っていないらしい。

「でも、気付いていない」
「・・・遅いけど・・・今は気付いているよ?」
「そうじゃない」

気付く、気付かないで、キャッチボールが進まなくなった。

(気付いたのに気付いてない?)

状況がうまく飲み込めない。
なにか大きな勘違いでもしていると言うのだろうか。

「今は指輪の話だよな?」
「そうだよ」

念のために確認した。
気付かない対象が“気持ち”だとか、見えないものなら堪らない。

「だったら、今、気付いた。何度も言うけど」

それでも彼女の表情は変わらない。

「指輪であって指輪じゃないの」

彼女がこう切り返してきた。
指輪の話なのに指輪じゃない?・・・ますます理解できない。

「じゃ、これ見て」

彼女がこれ見よがしに右手を僕の目の前に突き出す。

「さっきまでと、変わったところない?」
「・・・あっ・・・!」

彼女の勢いがそうさせたのか、ようやく今までの辻褄が合った。

「指の位置・・・が変わったんだ」

指輪の存在に気付かなかったことが不機嫌の原因ではなかった。
僕のグレードが少し上がったことに対して・・・なんだ。No311
(No.311完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »