« [No.309-2]乗り遅れた飛行機 | トップページ | [No.310-1]名も無き彼女 »

ホタル通信 No.094

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.43 モノクロ-ム
実話度:☆☆☆☆☆(0%)
語り手:男性

この小説を一言で表せば、ムーディな作品です。比較的初期
の作品でもあり、明らかに何かを狙った構成になっています。

実話度はゼロ、それに創作のきっかけとなる、キーワード的な
存在も覚えていません
ただ、前述した通り、やや寂しさも漂うムーディな雰囲気から、
当時の心境を映し出したのではないか?と思っています。

さて、小説の内容に触れて行きますね。

まず、前半の「雲のない・・・」から「濃い青一色なのだろうか」
のくだりはどう感じましたか
このホタル通信を書くために、改めて読み直してみると「薄い
青一色」「濃い青一色」のそれぞれの“青”が、“黒”の間違い
であることに気付いた・・・けど、もう一度、深く読み直してみれ
ば、やはり“青”が正解だと分かりました。
ファーストコンタクトでは黒一色だった絵が、タイトルを見たこと
で頭の中で“青に変換された”というシーンです。

自分でも言うのも変ですが、恐らく何らかの理由で「不思議な
モノクロの絵」というネタを生み出したと感じています。
従ってラストは、私と女性の会話を、ただ重ねて行った結果に
過ぎません。
いつもそうなんですが、ラストを考えてから書き始めることがほ
とんどなく、登場人物に展開は任せています。

最後に・・・。
絵画ではないのですが、写真を加工してモノクローム化してみ
ました。何となく雰囲気を味わってみてください。
No094
web拍手 by FC2

| |

« [No.309-2]乗り遅れた飛行機 | トップページ | [No.310-1]名も無き彼女 »

(103)通信No.076~100」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.094:

« [No.309-2]乗り遅れた飛行機 | トップページ | [No.310-1]名も無き彼女 »