« [No.301-1]進化論 | トップページ | ホタル通信 No.090 »

[No.301-2]進化論

No.301-2

「えっー!ラッキーガールが、ふたりもここにぃ!」

さっきまでの神秘的なイメージが一気に下がる表現だった。

「まぁ・・・そういうことになるわね」
「なんか、急に安っぽくなったと思わない?」

確かに、運命の大安売りの気配もただよう。

「でも、わたしのせいじゃないわ」

単に、私たちが惚れっぽい、だけだろうか?
それこそ、安っぽい恋愛をしていることになる。

「そんなことないよ、ちゃんと選んでる」
「・・・いつも同じようなタイプになっちゃうけど」

決して誰に対しても恋愛感情を抱いてはいないらしい。
それは私も同じだ・・・好みは一貫している。

「私もよ、みんな似た感じの人・・・外見も内面も」
「だよね~」

やはり運や偶然を超えた運命やら奇跡という言葉が似合うが・・・。

「・・・でも・・・他にも居た・・・」
「余り記憶に残っていないけど」

理想には程遠いが好きになった人も、決して少なくはない。
ただ、いつの間にか、記憶の片隅から消えていた。

「私たち、都合良く解釈してただけかもしれないね」

素敵だと思う男性のみ記憶に残る、ただそれだけなのかもしれない。

(No.301完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| |

« [No.301-1]進化論 | トップページ | ホタル通信 No.090 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.301-2]進化論:

« [No.301-1]進化論 | トップページ | ホタル通信 No.090 »