« [No.296-1]別れの予感 | トップページ | [No.297-1]だららん!の順番 »

[No.296-2]別れの予感

No.296-2

「前、付き合っていた人とはね・・・」

カミングアウトする必要もないのに、つい雰囲気に流された。

「その、どちらでもなかったのよ」
「どういうこと?」

何の前触れもなく、メールも電話も通じなくなった。

「最後のメールが“じゃあ、また明日!”なんだよ」

自然消滅のように徐々にフェードアウトしたわけでもない。
ましてや、最後の最後まで修羅場があったわけでもない。
ある日突然、ふたりを繋ぐ糸が切れた。

「その糸を手繰り寄せても、何も引き寄せられなかった」

それまでの自分の言動を振り返った。
別れの原因がそこにあったかもしれないからだ。

「・・・で、見つかった?」
「う、うん・・・かれこれ2年になるけどね」

原因は今でも分かっていない。

「分かってたなら、逆に別れなくて済んだかも」

気付かない所で、すれ違いは始まる。

「案外、彼が別れのサイン・・・出してたかもよ~」
「もぉ!それって私が鈍感ってこと?」

恋の予感だけじゃなく、別れの予感も感じた方が幸せな時もある。

(No.296完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| |

« [No.296-1]別れの予感 | トップページ | [No.297-1]だららん!の順番 »

(012)小説No.276~300」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.296-2]別れの予感:

« [No.296-1]別れの予感 | トップページ | [No.297-1]だららん!の順番 »