« [No.301-2]進化論 | トップページ | [No.302-1]早すぎたメール »

ホタル通信 No.090

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.189 小さな勇気 
実話度:★★★★☆(80%)
語り手:男性

この話を読んで、どのような印象をお持ちでしょうか?全体的な
雰囲気をよそに、意外とアダルトな話なんですよ。

・・・では、“あえて”小説上の私(男性)に、下心があると思いな
がら読んでみてください。

全体の3分の2はほぼ事実です。冒頭から後半の「それから更
に1年が過ぎた」までが、それにあたります。
小説に出てくる同郷の女子社員はいくつか他の小説にも登場し
ていますが、実はこの話がきっかけになります。つまり、メール
アドレスをお互い知ることで、ふたりの関係が始まりました。

飲み会の席にはもうひとり存在し、自分を含めて三人での飲み
でした。
飲み会は、忙しかった仕事が一段落して、それに対する「お疲
れ様会」だったのですが、彼女を誘うことで、以前、同じ職場で
働いていた三人が揃うことになるため、声を掛けてみました。
もちろん、声を掛けた理由に嘘はありませんが、それだけでは
なかったことも、嘘ではありません。

話の展開にもう少し触れておきます。
小説の通り、彼女からはメールではなく、電話で連絡が入った
こと。そして、次の日にメールが届きます。
さらに、メールが届くその朝に・・・・「No.64 きのこの山」のイベ
ントが発生しました。時系列で考えると、「No.189」が全ての始
まりだったわけですが、小説の掲載の順番としてはかなり後に
なりました。

彼女にメールアドレスを教えると、彼女のメールアドレスを知る
ことができる・・・
結局、彼女の方から積極的に教えた格好にはなっていますが
きっかけは自分が作っています。これらは彼女も理解しており
だからこそ「あなたの勇気に応えてみた」と、ちょっと艶かしい
表現で締めくくりました。今でも「小さな勇気」は続いています。

web拍手 by FC2

| |

« [No.301-2]進化論 | トップページ | [No.302-1]早すぎたメール »

(103)通信No.076~100」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.090:

« [No.301-2]進化論 | トップページ | [No.302-1]早すぎたメール »