« [No.299-2]スクラッチ&ビルド | トップページ | [No.300-1]天空のホタル »

ホタル通信 No.089

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.183 ベルサイユのばら 
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性

この小説はある“感想”がきっかけです。想い・・・というほど深い
ものではなく軽いタッチなので“感想”です。

タイトルでもある、ベルサイユのバラ(以下ベルバラ)
マンガ(アニメ)でも宝塚でも、どちらを思い浮かべて頂いても構
いません。感想とは、これらベルバラに対するものです。

ベルバラは、色々な要素が詰まった作品だと感じています。
それに宝塚で演じられるように、男性よりも女性が好む内容が
満載の作品でしょう。
登場人物は、美男美女。特に美男についてはイケメンブームの
走りなのかもしれませんね。特にオスカルは美男美女、両方の
要素を兼ね備えた究極の美の形なのかもしれません。
それにオスカルが女性とは言え、見た目では今で言うBL(ボー
イズラブ)だとも言えなくもありません。

一方では宮中における妬みや陰謀・・・ドロドロした世界観は昼
ドラに通じるものがあります
また、これとは対照的に宮中は、煌びやかで華やかな世界でも
あり、舞踏会、ドレス・・・などなど、憧れ的な要素も満載でしょう。
身分を越えた恋愛や革命を代表とする壮大な歴史観。他にも探
せば、もっと色々な要素があると思います。

そんな盛りだくさんのベルバラを、バイキングに引っ掛けました。
いつもと異なり、ラストが先に決まっているような状況でしたので
そうなるように、話を展開させました。
タイトルと内容のギャップをあえて狙った作品です。バイキングが
どう転べばベルバラになるのか・・・
尚、バイキングの話は全くの創作です。ですから、実話度は限り
なくゼロですが、バイキングの展開・・・何となく経験したような記
憶があり、それを含めて20%としました。
No089
web拍手 by FC2

| |

« [No.299-2]スクラッチ&ビルド | トップページ | [No.300-1]天空のホタル »

(103)通信No.076~100」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.089:

« [No.299-2]スクラッチ&ビルド | トップページ | [No.300-1]天空のホタル »