« [No.297-2]だららん!の順番 | トップページ | [No.298-1]調整力 »

ホタル通信 No.088

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.151 ケース・バイ・ケース
実話度:☆☆☆☆☆(00%)
語り手:女性

小説のシチュエーション的には、ひとつも事実が含まれていない
作品です。

この小説のきっかけは、タイトルである“ケース・バイ・ケース”と
いう言葉に“ある想い”があったからです。
この言葉は私生活よりも仕事上で、よく使われる言葉だと感じて
いました。それに小説の通り、“聞こえが悪い”言葉ではなく、む
しろ、柔軟に対応すること・・・そんな積極性さえも感じられます。

ところが、ある瞬間・・・その瞬間の“具体的な答え”がないのも
事実でしょう。今は答えがないから、そうなった時に、もっとも確
からしい答えを選択すること・・・それがケース・バイ・ケースであ
ったとしても、その瞬間が来るまで何も解決しません。
もしかしたら、答えを出すことを恐れ、逃げてるんじゃないのかと
思うことも少なくありません。
そんな“想い”から、この言葉を使った小説を作ろうと考えました。

さて小説の内容ですが、設定は複雑ではありませんから、割と
素直に読める仕上がりになっています。
ケース・バイ・ケースという言葉を、彼も私も都合よく使っていた
ために、結局、旅立ちの日まで何の結論も出なかった・・・という
展開が最後の最後まで続きます。

後半、最後の5行の展開・・・分かりますか
恥ずかしながら、自分で読み返しても、すぐには意味が分かりま
せんでした。
彼は本来乗るべき列車には乗らず、その場の状況に応じた行動
を取りました。
   「いいんだ・・・こんな時こそ、使わなきゃいけないんだ」
・・・と、この後、彼はケース・バイ・ケースと言う言葉を口にします。
そしてこれを最後に彼がこの言葉を二度と使うことはなかった・・・
が最後の5行の真相です。

web拍手 by FC2

| |

« [No.297-2]だららん!の順番 | トップページ | [No.298-1]調整力 »

(103)通信No.076~100」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.088:

« [No.297-2]だららん!の順番 | トップページ | [No.298-1]調整力 »