« [No.295-2]ボブカットの攻撃 | トップページ | [No.296-1]別れの予感 »

ホタル通信 No.087

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.20 恋愛を重ねて   
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:女性

最初にお断りをさせて頂きますが、初期の作品だけに登場人物
等の設定が不明確であり、完成度は群を抜いて低いです

まずは内容以前に、話の展開に補足させて頂きますね。

まず、登場人物は、女2人、男2人の計4人の設定です。性別は
別にしても、4人居ることに気付いた人は、まず居ないでしょう。
“ひとりよがり”が特長でもある当ブログにおいても、これはかな
りの反則です。
前半は、とある女性の心境です。この女性は後半冒頭に登場す
る“シリウス奈央さん”とイコールです。
まとめれば前半の心境をハガキに綴って、ラジオ局に投書した、
という設定です。 

・・・で、後半冒頭からは、そのハガキを読むラジオ局のパーソナ
リティ。冒頭から“語りかけた”までが、パーソナリティのパートで
す。
当時、パーソナリティの性別は考えていなかったため、男性とも
女性ともとれる文章になっています。あえて今、考えるとすれば
“男性”として設定させて頂きます。
ここまでで、登場人物が男女、それぞれひとりづつになります。
後半の中盤、「どう思う、ナオ?」からラストまでは車中の男女の
会話です。ここで男女がそれぞれひとりづつなので、合計すると
女2人、男2人の計4人が登場します。

内容ですが、「内容は無いよう!」と、ダジャレでも言いたいほど
中身がありません。
確かに前半の心境は、当時の私の気持ちを、素直に述べたもの
です。・・・で、ラジオでその心境を聞いた、とある車中のカップル。
奇しくも同じ「なお」ですが、同一人物ではありません。

最後に、超分かりにくい、ラストの4行に触れておきます。
どうしてこんな展開になったのか、正直覚えていません。色々な
“含み”があるように思えますが・・・。
なにせ、心境にあるように、チョット苦しい時期があったので当時
はただ、それを吐き出したかったのかもしれません。No087

web拍手 by FC2

| |

« [No.295-2]ボブカットの攻撃 | トップページ | [No.296-1]別れの予感 »

(103)通信No.076~100」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.087:

« [No.295-2]ボブカットの攻撃 | トップページ | [No.296-1]別れの予感 »