« [No.289-2]社交辞令 | トップページ | [No.290-1]郵便番号 »

ホタル通信 No.084

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.53 トータル・イクリプス   
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:男性

登場人物の設定等々、本当の実話度は限りなくゼロの小説
ですが、ホタル通信上では実話度40%としています。

牽引役の小夜(さよ)は設定上、夜の仕事をしていることにし
ています。彼女のモデルになった人は現実に居るのですが、
仕事はやや違います。
結論から言えば、実在の女性に対する応援歌的な小説に仕
上げるつもりで書きました。

ところで、タイトルは何だと思いますか?
英語で書けば“total eclipse”で、意味は皆既月食です。

実はこの小説を書くきっかけは前述した“応援歌的”な目的
が先にあったからではなく、実在の女性が、皆既月食を見る
ために、ツアー旅行に行くことを耳にしたからです。
そこから、ぼんやりと月のイメージが頭に残り始め、月を題材
とした話を書こうと考えました。
月は夜のシンボルなので、月と夜、夜の仕事・・・と関連付け
て、小夜を誕生させました。
皆既月食をそのままタイトルにしなかったのは、漢字だと少し
受ける印象が固くなりそうだったことに加えて、やや幻想的な
雰囲気を作りたくて英語記述にしました

直接的ではありませんが、これに似た話は少なくありません。
何度か紹介していますが、光と陰・・・少し、暗い雰囲気がある
小説も当ブログの特長です。
ただ、ブログのサブタイトルにもあるように、悲しい終わり方を
させたことは今まで一度もありません。

最後に冒頭で触れた実話度について書いておきます。
小説上の設定と現実はイコールではないものの、全体の雰囲
気は現実そのものなんです。
それをもっとも表現したのが、小説の最後・・・2行の文章です。No084

web拍手 by FC2

| |

« [No.289-2]社交辞令 | トップページ | [No.290-1]郵便番号 »

(103)通信No.076~100」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.084:

« [No.289-2]社交辞令 | トップページ | [No.290-1]郵便番号 »