« [No.287-2]おしゃれな演出 | トップページ | [No.288-1]幻の花屋さん »

ホタル通信 No.083

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.47 若葉の頃   
実話度:★★★★☆(80%)
語り手:女性

会話によって話が展開することが多い中、登場人物が一人
と一羽という、珍しい組み合わせです。

さて、エピソードとしては100%実話なんですが、あえて所々
を脚色し、小説的には少し実話度を下げています。
登場人物がひとりであり、会話で話を展開することが難しい
ため、普段はあまりやらない“情景描写”を、メインにしようと
しました
ところが、ベランダという狭い空間は思いのほか殺風景であ
ったために、少しだけ“にぎやか”にしてみました。

忘れてはならない、もう一羽の主役のハト
ファーストコンタクトはまさに小説の通りで、お互い目が合っ
て「わっ!」の状態でした。
でも、ハトって何だか憎めない存在なんですよね、どういうわ
けか。
前述した“にぎやか”にした部分ですが、卵、ヒナのくだりが
それになります。巣は実際に在ったのですが主が不在の状
態でした。

ラストは完全に創作です。
読んでもらえれば分かるように、ハトがカスミソウの花を落と
して行ったかもという設定です。
カスミソウの花言葉・・・のひとつに“感謝”があります。それ
を表現させています。
なぜ、感謝なのか・・・それは小説の中で何となく感じて頂け
れば幸いです。
No083

web拍手 by FC2

| |

« [No.287-2]おしゃれな演出 | トップページ | [No.288-1]幻の花屋さん »

(103)通信No.076~100」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.083:

« [No.287-2]おしゃれな演出 | トップページ | [No.288-1]幻の花屋さん »