« [No.285-2]誰も居ない助手席 | トップページ | [No.286-1]レジャーシート »

ホタル通信 No.082

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.31 もしも、あの時   
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性

実話度は低めです。小説のもとになるエピソードがあったと
いうより、キーワードが当時存在していました。

ひとつ目は、後悔です。
小説には一言も登場していませんが、あえてその言葉を使
わなかったわけではありません。
ただ、後悔というほど重い話に仕上げるつもりがなかったた
め、自然と言葉を選んだのかもしれません。
それに、小説を書いた時に後悔があったと言うより、程度の
差はあっても毎日のように後悔はあるでしょう。

ふたつ目は、結婚です。
小説上では友人と私の両方に結婚間近な雰囲気が漂って
いますが、実際は“友人だけ”です。
その友人からある日、“結婚”という言葉を聞かされました。

当時、このふたつのキーワードには全く何も関連はなかった
のですが、くっ付けることで何らかの話が展開できるのかも
と考え、創作してみました。
ところがいざ書き始めてみると、前述した通り、後悔というほ
ど重いムードで話が展開しませんでした。
「~しませんでした」と、他人ごとのように書いているのは当
ブログの創作方法に、特長があるからです。作者が話を書き
上げるのではなく、あくまでも登場人物達が会話をし、それを
作者が文字にしています。
従って、どんな話が展開するのか、どんな結末が待っている
のか、作者自身も分からないことが多々あります。

もしも、あの時・・・と思える瞬間は、今だっていくらでもありま
す。ただ、その時に違う道を選んだとしても、その道の先には
「もしも、あの時」が待っています。
例え、それがどこで待っていたとしても「やぁ!またお逢いしま
したね」って感じでしょうか?

web拍手 by FC2

| |

« [No.285-2]誰も居ない助手席 | トップページ | [No.286-1]レジャーシート »

(103)通信No.076~100」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.082:

« [No.285-2]誰も居ない助手席 | トップページ | [No.286-1]レジャーシート »