« [No.283-2]パープル・レイン | トップページ | [No.284-1]プラタナスの道で »

ホタル通信 No.081

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.185 忘れ物   
実話度:★★★☆☆(60%)
語り手:男性

前半と後半の冒頭部分はほぼ実話です。冬のホタルでは
日常がテーマであるために、気の利いた結末になることが
ほとんどありません

一旦、小説の内容について触れておきます。
彼女に出逢った時、看護学校の生徒であることだけしか知
りませんでした。
それから、話の節々に仕事・・・撮影・・・というキーワードを
聞くようになり、彼女がモデル業もしていることを知りました。

後で知ったからと言っても別に隠すつもりはなかったようで
した。学生らしからぬ行動を説明するためには、ウソを付か
ない限り、本当のことを言う必要があったからです。
ただ、小説にもあるように、モデルさんもそれこそピンキリで
す。単にステータス・・・という意味のピンキリではなく、仕事
の質としての意味も含まれています。

さて、改めて話の展開ですが、後半中盤辺りの「それから彼
女は本当に・・・」以降から、今の瞬間の話になっています。
それ以前は過去のある部分を切り取り、ある種の思い出話
としてまとめました
それを「自分から学生の頃の話をしてくる」の代わりにしてい
ます。

最後にですが、冒頭に書いた「気の利いた結末」になるこが
ほとんどありませんから、後悔・・・残してきたもの・・・学校
などキーワードから“忘れ物”を結末にすることにして、これを
タイトルにもしました。
従ってラスト付近は完全に作り話なんですが、最後のセリフ
には私の気持ちを込めてみました。

web拍手 by FC2

| |

« [No.283-2]パープル・レイン | トップページ | [No.284-1]プラタナスの道で »

(103)通信No.076~100」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.081:

« [No.283-2]パープル・レイン | トップページ | [No.284-1]プラタナスの道で »