« [No.275-1]何が見えるの? | トップページ | ホタル通信 No.077 »

[No.275-2]何が見えるの?

No.275-2

「コホン」

漫画に出てきそうな、ベタな咳だった。
改まって何かを言おうとしている。
でも、僕にはその必要はない。

「それ、それ」

菜緒(なお)より先に、彼女の胸を指差す。

「気付いた?」
「気付かないほうがおかしいだろ?」

2日前の俺と同じように、ポッケにせいじゅうろうを入れている。

「何が見えるんやろ?」
「・・・何が・・・?」

最初は意味が分からなかった。
聞けば胸ポケットから見える風景のことらしい。

「せいじゅうろうが見てる風景ってこと?」
「そうやで」

言うなれば巨人のポケットに居る人間。
確かに、どんな世界が見えるのだろうか・・・。

「せいじゅうろうに聞いてみたら?」
「せやな・・・なぁ何が見える?」

菜緒がせいじゅうろうに語りかける。
それにタイミングを合わせ俺が答える。

「空が青いですな」

胸が大きな菜緒のポッケ・・・。
せいじゅうろうは、窮屈そうに大空を見上げていた。
No275
(No.275完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

|

« [No.275-1]何が見えるの? | トップページ | ホタル通信 No.077 »

(S01)せいじゅうろう」カテゴリの記事

(011)小説No.251~275」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.275-2]何が見えるの?:

« [No.275-1]何が見えるの? | トップページ | ホタル通信 No.077 »