« [No.273-1]傘の中 | トップページ | ホタル通信 No.076 »

[No.273-2]傘の中

No.273-2

「それを期に、何となく距離ができてしまって」
「・・・そうなるわね」

今のように学生がケータイを持てる時代ではなかった。
だから、自然消滅なんて、いとも簡単だった。

「結局その時は、謝るでもなく、訂正するわけでもなくて」
「で・・・現在に至るってわけね?」
「それが、そうでもなくて」

実は、卒業してから彼と逢う機会があった。

「・・・というより、彼に手紙で謝ったんだ」

それから、何度か便りを重ねた。
それで逢う機会が生まれた。

「どんな話をしたの?気になるぅ~」

女同士なのに甘えた声で迫ってくる。

「改めて、照れ隠しだったことを口にしたわ」
「彼の反応は?」

彼は彼で照れ隠しに気付く余裕がなかったことを詫びた。
それは手紙にも書いてあった。
決して、彼が悪いわけじゃないのに・・・。

「・・・素敵な人ね」
「まぁね・・・」

友人の言葉通り、本当に素敵な男性になっていた。

「その後はどうなったの?」

正直、ヨリを戻すつもりはなかったし、それは彼も同じだった。

「えっ~、もったいない!」
「それより、自分のことはどうするのよ?」

話の本題はそこにあった。

「そうね・・・あの時のあなたと同じセリフ言ってみるよ」
「ただ、主語は変えるけどね」

No273
(No.273完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

|

« [No.273-1]傘の中 | トップページ | ホタル通信 No.076 »

(011)小説No.251~275」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.273-2]傘の中:

« [No.273-1]傘の中 | トップページ | ホタル通信 No.076 »