« ホタル通信 No.075 | トップページ | [No.272-2]夏の微笑み »

[No.272-1]夏の微笑み

No.272-1

登場人物
=牽引役(女性)=相手(男性)=相手(女性)
------------------------------------------
(ねぇ・・・何か、しゃべってよ)

さっきから、ずっと無言が続いている。
理由は・・・分かっている。

「近くだと思うから、歩いて行こうよ」

30分前にそう言われた。
ただ、今は歩き始めた頃と状況が違う。

「おかしいなぁ・・・」

彼が小さな声でつぶやいた。
どちらかと言えば困っているというより、焦っている。
近くだと思っていた場所が、遠いどころか見つからない。

「無理しなくていいよ」

歩き疲れたことより、彼の気持ちの方が気になる。

「もうすぐなんだ、もうすぐだから」

無言の時も、そんな表情をしていた。
デートプランを立てた責任感もあるのだろう。
単純に男の意地だけなのかもしれないけど。

「あっ・・・あったぁ!」

彼の心中を考えていた時、歓喜の声で現実に引き戻された。

「ようやくたどり着きそうだよ!」

まだ、相当距離はあるものの、彼の言葉通りだ。
遠くからでも観覧車が見え始めた。

(No.272-2へ続く)

|

« ホタル通信 No.075 | トップページ | [No.272-2]夏の微笑み »

(011)小説No.251~275」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.272-1]夏の微笑み:

« ホタル通信 No.075 | トップページ | [No.272-2]夏の微笑み »