« [No.277-2]異人館 | トップページ | [No.278-1]群れの外 »

ホタル通信 No.078

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.25 受信フォルダ8   
実話度:★★★★☆(80%)
語り手:女性

この話は「ホタル通信 No.006」で、関連性のある小説として
文末に登場しています。まずは時系列に整理してみますね。

公開の順番は「No.28 女の子へ聞け」の方が遅いのですが、
現実のエピソードとしては、No.028が先です。
尚、No.25とNo.26は、登場人物含め状況設定等、あくまでも
別の話として当時作りました。

現実のエピソードを要約すれば、ちょっとしたケンカから連絡
が途絶えてしまった、とある男女
そのことを友人の女性に話した・・・ことから、No.28がスタート
します。そして、その女性が一言。
      「また、メールでも入るんとちがう?」
その言葉通りメールが届き、それからNo.25がスタートします。
尚、作者者が男性の立場か女性の立場かは秘密です。

さて、この話をもう少し掘り下げてみます。
小説上はメールが2件届いて“驚き度”はそんなに強調してい
ませんが、現実はかなり驚いたのを覚えています。
受信フォルダ8には、彼からのメールのみが振り分けられるよ
うになっていたのは事実です。
ですが、それ以前に「メールの到着を知らせるランプ」が、赤く
点滅していたのを強烈に覚えています。
そうなんです・・・彼からメールが届いた時だけ、赤点滅するよ
うに設定していたからです

最後に関係あるような、ないような話をひとつ。
今、持っているケータイは当時と同じものではありません。同
じメーカーのものなんですが、お知らせランプの機能は若干、
異なります。
受信の最中は、確かに特定の人を設定したランプの色で受信
してくれるのですが、受信が終ると通常の色で点滅します。
もし当時の機種もそうだったなら、小説が生まれていなかった
かもしれません。

web拍手 by FC2

| |

« [No.277-2]異人館 | トップページ | [No.278-1]群れの外 »

(103)通信No.076~100」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.078:

« [No.277-2]異人館 | トップページ | [No.278-1]群れの外 »