« [No.275-2]何が見えるの? | トップページ | [No.276-1]好きになってよかった »

ホタル通信 No.077

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.137 熱いコーヒー 
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:女性 

当ブログは「日常」の中で起こる出来事をテーマにしています。
この話もその典型であり、話をかなり膨らませています。

きっかけは、単純です。
小説に書いた通り、フタ付きのコーヒーを飲んだ時に、思わぬ
熱さビックリしたことがことの始まりです。
普通のカップに入ったコーヒーなら、これも小説に書きましたが
唇に触れた瞬間に、何らかの予防線が張れます。でも、フタ付
きは、口の中に入ってからなので、何とも回避ができません。

フタ付きの熱いコーヒー・・・ヤケド・・・から「恋のヤケド」に辿り
着くにはあまり時間は掛かりませんでした
ひとつ言えるのは、フタ付きが大きなポイントになったと考えて
います。ただ熱い物を食べたり、飲んだりしただけなら話は生
まれていなかったでしょう。
単に熱い物に注意するのではなく、熱いと気付いた時にはもう
手遅れ・・・的なこと、恋愛でもあると思いませんか?

この話はオチが見えていたことに加えて、コーヒーによるヤケド
の話を「恋のヤケド」に置き換えても違和感なく、話が進んだこ
とから、非常に短時間で書き上げることができました。
執筆は昼の休憩時間(1時間)の中で行い、1作できるかでき
ないか程度ですが、これについては20分程度で完成しました。
“書く”と言うより“会話を進める”方式でいつも執筆しますので
会話がテンポ良くと進むと、それだけ完成が早まります。

恋のヤケド・・・表現、テーマとしては一般的でしょう。
でも言葉から話を作るのではなく、実際に何かが起こり・・・そ
れもハプニングではなく、見過ごしてしまいそうな、小さな出来
事から作るのが当ブログの真髄です。
風でカーテンがそよいだだけでも、読みかけの本が積み上げ
られていても、私にとってはどれも宝石のような輝きとして感じ
られます。
No077

web拍手 by FC2

| |

« [No.275-2]何が見えるの? | トップページ | [No.276-1]好きになってよかった »

(103)通信No.076~100」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.077:

« [No.275-2]何が見えるの? | トップページ | [No.276-1]好きになってよかった »