« [No.269-1]幻の女 | トップページ | ホタル通信 No.074 »

[No.269-2]幻の女

No.269-2

「どういうこと!」

少し強い口調で、彼を問い詰めた。

「い、いきなり、なんだよ!?」

ドラマでよく見掛ける展開が今、繰り広げられようとしている。

「・・・浮気してるでしょ?」
「な、なんだよ!急に」

すぐさま否定しないところが怪しい。
でも、なぜだか慌てた様子は感じられない。

「当然だろ?浮気してないんだから」
「そんなの心の準備してたら、いくらでも対処できるじゃない!」

根拠が無い話だとは分かっている。
それでも追求せずには居られない。

「堀井美里って・・・誰?」
「・・・手帳見たのか・・・?」
「・・・というより、わざと見せたんじゃない?」
「ぷっ!・・・あはは」

彼の大笑いは、私の勘違いを一蹴することになった。

「打ち間違い?保有率・・・?」
「あぁ・・・変換したら、偶然にも女性の名前になったんだ」

その瞬間だけ現れた人・・・だから幻の女・・・か・・・。

「それが妙に印象的で、つい手帳に走り書きしたんだ」
「ねぇ・・・そのメモ、残さない?」

なぜだか、そんな気になった。
No269
(No.269完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

|

« [No.269-1]幻の女 | トップページ | ホタル通信 No.074 »

(011)小説No.251~275」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.269-2]幻の女:

« [No.269-1]幻の女 | トップページ | ホタル通信 No.074 »