« [No.268-1]笑われ者 | トップページ | [No.269-1]幻の女 »

[No.268-2]笑われ者

No.268-2

「せやった!」

忘れる程度の話だった・・・というオチは無いようにして欲しい。

「あのな・・・」

奈音(なお)がバーゲンの話の続きを始めた。

「みんなが笑うねん」
「笑う?」

笑われたから、怒った・・・ということだろうか?
理由を聞かないわけには行かない。

「どうして笑われたの?」
「この格好やから」

話の出だしを思い出した。

(そう言えば今の姿がどうのこうの・・・)

「まさか、バーゲン品の買い過ぎ・・・だから?」
「そう見たい」

バーゲンだから特に沢山買うことはあるはずだ。
それで、笑われたらたまらない。

「そこまで気合入れて買わんでもええやん!ということやろ?」
「そうなのかな・・・」

確かに両肩・・・両脇に沢山の紙袋を抱えている。
見ようにより、“必死さ”が笑いの対象になっているとも言える。

「それにしても沢山、買ったね」
「さっきのミニとか好きやろ?」

確かにミニスカートは奈音に良く似合うから好きだ。

「でも・・・男の視線を浴びるのは嫌だな」

今度は違う意味で、ニヤニヤ笑われるからだ。
No268
(No.268完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

|

« [No.268-1]笑われ者 | トップページ | [No.269-1]幻の女 »

(011)小説No.251~275」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.268-2]笑われ者:

« [No.268-1]笑われ者 | トップページ | [No.269-1]幻の女 »