« [No.267-1]ゆれて湘南 | トップページ | ホタル通信 No.073 »

[No.267-2]ゆれて湘南

No.267-2

「自分で言ってたんだ・・・似ていると」

でも、その時は誰だかすぐには分からなかった。
僕とは年代が違い過ぎるアイドルだ。

「その頃は、特に調べもしなかった」

それでも、意識すればチョクチョク名前が耳に入ってきた。

「その彼女とは?」
「色々あってね・・・」
「是非、その色々を聞きたいわね!」

冗談半分、本気半分・・・と言った表情をしている。

「話の流れが変わってきてないか?」
「・・・そうかなぁ~?」

今更、こんな話をしたのには理由があった。
そのアイドルの“現在”の方が若い時よりも彼女に似ている。

「ちょっと違うわね」
「違う?」
「重ねたのよ、彼女が同じような年齢になった時と」

最初は言っている意味が分からなかった。

「・・・で、顔を見たら次は声を聞きたくなるわよね?」

勝手に話を進めて行く。

「電話番号なんて、もう知らないよ!」
「iPod出してよ」
「えっ!」

これだから女性は・・・何事にも鋭い。

「そのアイドルの歌、ダウンロードしたでしょ?」
No267_2
(No.267完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

|

« [No.267-1]ゆれて湘南 | トップページ | ホタル通信 No.073 »

(011)小説No.251~275」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.267-2]ゆれて湘南:

« [No.267-1]ゆれて湘南 | トップページ | ホタル通信 No.073 »