« [No.266-2]思い出すもの | トップページ | [No.267-2]ゆれて湘南 »

[No.267-1]ゆれて湘南

No.267-1

登場人物
=牽引役(男性)=相手(女性)
-------------------------------
最近、あるTVコマーシャルを見た。
それが、始まりだったように思う。

「名前は知ってるけど・・・」
「僕も始めはそんな程度だったよ」

その女性は、80年代を彩ったアイドルの一人だ。
いわゆる花の82年組アイドルだったらしい。

「・・・の割には詳しくない?」
「知らなかったから、逆に調べたんだよ」
「・・・」
「何だよ・・・」

無言でも言いたいことが顔に書いてある。

「どんな人か知りたかったんだよ、だから・・・」
「そう、ムキにならなくてもいいわよ」

愛美(まなみ)よりも倍近い年齢差がある。
それでも、ヤキモチを焼くとでも言うのであろうか?
これだから女性は・・・難しい。

「年齢のこと、考えていたでしょ?」

僕の考えていることは見透かされていたようだ。

「ねぇ、それより何で今更?」
「実は・・・」

そのアイドルを見て改めて思った。
以前、好きだった人に似ている・・・と。

「元カノ?」
「そうじゃないけど・・・」

一言では言えない関係だったのは事実だ。

(No.267-2へ続く)

|

« [No.266-2]思い出すもの | トップページ | [No.267-2]ゆれて湘南 »

(011)小説No.251~275」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.267-1]ゆれて湘南:

« [No.266-2]思い出すもの | トップページ | [No.267-2]ゆれて湘南 »