« [No.266-1]思い出すもの | トップページ | [No.267-1]ゆれて湘南 »

[No.266-2]思い出すもの

No.266-2

メールから2日後、僕に社内便が届いた。
差出人は・・・彼女だった。
明らかに不自然な厚みが目立つ。

(何だろう・・・?)

当然、仕事関係の何か・・・を想像した。
でも、思い当たるものはない。
ある意味、恐る恐る封を切った。

「・・・北海道・・・限定・・・」

中には北海道限定のお菓子が入っていた。

「なんで・・・?」
「・・・んっ、あれ?」

お菓子と共に、小さな便箋が入っていた。
それには、こう書かれていた。

『これでも食べて、北海道のことを思い出してください』

(これって、2日前の返事?)

具体的な“かたち”で返事が届いたことに驚いた。
もちろん、彼女なりの方法で・・・だ。

(でも、ちょっと違うんだよなぁ)

真っ先に思い出すのは北海道より彼女のことになりそうだ。

(No.266完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

|

« [No.266-1]思い出すもの | トップページ | [No.267-1]ゆれて湘南 »

(011)小説No.251~275」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.266-2]思い出すもの:

« [No.266-1]思い出すもの | トップページ | [No.267-1]ゆれて湘南 »