« ホタル通信 No.072 | トップページ | [No.266-2]思い出すもの »

[No.266-1]思い出すもの

No.266-1

登場人物
=牽引役(男性)=相手(女性)
-------------------------------
『連休は帰ってくるんですか?』

GWを目前に仲の良い同僚からメールが届いた。
彼女とは以前の勤務地からの付き合いだ。

『残念ながらGWは帰省しません』

別に嘘は付いていない。
ただ、ある期待を含めて言葉を選んだつもりだ。

『別に残念じゃないけど?』

そんな返事を期待していた。

「・・・まぁ、いつも通りだよな」

返事は来なかった。
今に始まったわけでもないから、気にはしていない。
大概、メールのやり取りは、2回で終了する。

「それにしても・・・」

メールの内容の方が気になる。
帰省を期待していたように思えるからだ。
だからこそ、僕の返事に落胆したのかも・・・。

(良く考えすぎだな・・・)

この時は単なる社交辞令だと思っていた。

(No.266-2へ続く)

|

« ホタル通信 No.072 | トップページ | [No.266-2]思い出すもの »

(011)小説No.251~275」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.266-1]思い出すもの:

« ホタル通信 No.072 | トップページ | [No.266-2]思い出すもの »