« [No.265-1]菜の花 | トップページ | ホタル通信 No.072 »

[No.265-2]菜の花

No.265-2

「今思えば、意味も無く摘んだことに罪悪感を感じるわね」
「大袈裟だけど・・・そうかもしれない」

いずれ花は枯れる。
けど、それを早めてしまった事実は残る。

「なんとなく、しんみりしちゃうわね」
「今度は、ちゃんと食べようね」
「しつこい!」

笑顔で友人を怒った。
でも、騒ぎながら歩く土手沿いの道がなぜか無性に楽しい。
春の陽気のせいか、それとも私たちの陽気のせいだろうか。

「食べる話しをするからお腹が空いてきたじゃない!」
「話をしなくても・・・でしょ?」

気付けば陽も大分、傾いている。

「軽く飲みに行かない?」
「珍しいわね」

何となく、今日は一杯行きたい気分だった。
しゃべり過ぎて喉が渇いたこともあるのだろうか。

「軽くと言わずに・・・行きますかぁ!」

居酒屋に到着した後も菜の花の話題は続いた。

「そもそも何で食べたとか、の話になったんだっけ?」
「さぁ・・・覚えてない」

・・・と言うより、思い出すのことが面倒に感じた。

「それより、食べるわよ!」

まずは目の前のお通しに口を付ける。

「美味しい!これ何のお浸しなのかな?」
No265
(No.265完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

|

« [No.265-1]菜の花 | トップページ | ホタル通信 No.072 »

(011)小説No.251~275」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.265-2]菜の花:

« [No.265-1]菜の花 | トップページ | ホタル通信 No.072 »