« [No.264-2]食いしん坊 | トップページ | [No.265-2]菜の花 »

[No.265-1]菜の花

No.265-1

登場人物
=牽引役(女性)=相手(女性)
-------------------------------
「・・・で、食べたの?」
「ううん、食べてはいない」

どう処分したか正直、覚えていない。
ただ、食べてないことは確かだ。

「じゃあ、捨てちゃったんだ?」
「・・・そうなるわね」

GW中、友人と久しぶりに遊ぶ約束をした。
昼間からカラオケ三昧・・・のはずだった。
それが、成り行きで土手沿いの道を歩くことになった。

「別に食べなくてもいいじゃない?」
「そうだけど・・・なら、どうして摘んだの?」

答えを知りながら質問しているように感じる。

「子供の頃って、そんなものでしょ?」

確かにそうなんだ。
どうするわけでもなく、草花を摘む。
その行動に、特別な意味はない。

「同じように、“つくし”も摘んでたよ」

どちらも身近な春の草花だ。

「“つくし”は食・・・」
「だから、食べてないってぇ」
「ジョークよ、ジョーク」

毎年、どこかで見ているはずの菜の花たち。
それがかえって当たり前過ぎて、話題にすることがない。

「・・・改めて見ると、綺麗ね」
「でしょう?」

陽の光を存分に浴びた菜の花たち。
鮮やかな黄色が目に痛いほど輝いている。

(No.265-2へ続く)

|

« [No.264-2]食いしん坊 | トップページ | [No.265-2]菜の花 »

(011)小説No.251~275」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.265-1]菜の花:

« [No.264-2]食いしん坊 | トップページ | [No.265-2]菜の花 »