« [No.264-1]食いしん坊 | トップページ | [No.265-1]菜の花 »

[No.264-2]食いしん坊

No.264-2

「せいじゅうろうが一本食べたあと、うちも食べた」

写メがなんとなく、それを物語っている。
かなり、想像を飛躍させないと行けないが・・・。

「確かに・・・食べ終えた串が2本写ってるな」
No264
話のつじつまは合っている。

「美味しかった?」
「うん!せいじゅうろうも、そう申しておりました!」

他人からすれば馬鹿馬鹿しい話をかなり本気で話す。
それに俺も本気で付き合う。

「それにしても夜にだんごは・・・なくない?」
「せやかて、せいじゅうろうが好きなんやもん」

まぁ・・・好き嫌いに関係なく色は似ている。
どちらも、だんご色だ。

「じゃ・・・最後の1本はせいじゅうろうが食べたの?」

写メには、もう1本写っているからだ。

「ううん、違うよ」
「じゃあ、菜緒?」
「ううん、うちでもない」

そう言い終えると、かばんの中をゴソゴソし始めた。

「えっ!まさか・・・」

予想に反して、だんご屋の割引券が出てきた。

「キイロイトリに食べられてしもうたんや、だからお詫びに」

一見奇妙な会話もふたりなら、ごく自然に成立する。

(No.264完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

|

« [No.264-1]食いしん坊 | トップページ | [No.265-1]菜の花 »

(S01)せいじゅうろう」カテゴリの記事

(011)小説No.251~275」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.264-2]食いしん坊:

« [No.264-1]食いしん坊 | トップページ | [No.265-1]菜の花 »