« [No.263-1]ナオちゃんタクちゃん | トップページ | ホタル通信 No.071 »

[No.263-2]ナオちゃんタクちゃん

No.263-2

(時は・・・常に流れてるのね)

高校生だった頃とは随分、印象が違う。
見た目じゃなくて、タバコという具体的なものを見たからだ。
それだけでも大人びて見える。

それは私もきっと同じなんだろう・・・。

「染めたんだ・・・髪?」
「特に意味はないんだけどね」

卒業を期に・・・という気は本当になかった。

「僕はあった」
「理由を聞いてもいい?」
「大人っぽく見せたかった・・・ただそれだけ」

そう言われると、なんだか自分もそのような気がしてきた。

「私もそうなのかなぁ?」

急に昔の自分たちの姿が脳裏をよぎる。

「変わらない方が、逆におかしいのかもしれないね」
「・・・かもな」

それからは穏やかな時間が過ぎて行った。

「じゃあ、ナオちゃんも仕事頑張れよ」
「うん、タクちゃんも・・・あれ?」

お互い顔を見合わせる。
大人ぶっても、変わらないものだってあることに今気付いた。No263
(No.263完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

|

« [No.263-1]ナオちゃんタクちゃん | トップページ | ホタル通信 No.071 »

(011)小説No.251~275」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.263-2]ナオちゃんタクちゃん:

« [No.263-1]ナオちゃんタクちゃん | トップページ | ホタル通信 No.071 »