« [No.262-1]解けた氷 | トップページ | [No.263-1]ナオちゃんタクちゃん »

[No.262-2]解けた氷

No.262-2

彼女がそうなったのは歴代の上司に問題があった。
問題と言っても、具体的に何かをしたわけではない。
もしろ、その逆だった。

「任されるのと、押し付けられるのは違う」

面倒な仕事は彼女に押し付ける。
・・・で、その成果はもちろん上司のものだ。

「組織だからそれが当たり前だけど、でも・・・」
「信頼関係だろ?」

優実(ゆうみ)が小さくうなづいた。
それに気付いてからは、彼女の仕事を理解しようと努めた。
同じ目線に立ち、時には指摘することもあった。

「誉められるより、嬉しかったのよ」

それから、彼女は変わった。

「辛かったろ?」
「・・・まあね」

さりげない返事が逆に重みを感じる。

「今はどんな風に見える?」

改めて言われると緊張する。
その笑顔が眩しすぎるからだ。

(No.262完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

|

« [No.262-1]解けた氷 | トップページ | [No.263-1]ナオちゃんタクちゃん »

(011)小説No.251~275」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.262-2]解けた氷:

« [No.262-1]解けた氷 | トップページ | [No.263-1]ナオちゃんタクちゃん »