« ホタル通信 No.070 | トップページ | [No.262-2]解けた氷 »

[No.262-1]解けた氷

No.262-1

登場人物
=牽引役(男性)=相手(女性)
-------------------------------
最初の印象は、良くなかった。

「これは、こうして頂かないと」

言葉は丁寧でも、いわゆる事務的な感じがある。
それよりも印象を悪くしている理由は他にあった。

信頼されてない・・・そんな態度が見え隠れしていた。

「いきなり、カミングアウトしたわね」

優実(ゆうみ)と昔話に花が咲いた。
それも、彼女と出逢った頃の話までさかのぼった。

「そんな風に見えたの?」

彼女が居た部署に僕が異動した。
そして、僕の部下になった。

「見えたと言うより、実際そうだっただろ?」
「まぁ、否定はしないけど」

最初は単に“そんな奴”だと思った。
新参者の上司に対する“歓迎”だとも考えた。

「でもな・・・何か理由があると思ったんだ」
「良く分かったわね」

大袈裟だけど、瞳の奥に何か訴えるものを感じていた。

(No.262-2へ続く)

|

« ホタル通信 No.070 | トップページ | [No.262-2]解けた氷 »

(011)小説No.251~275」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.262-1]解けた氷:

« ホタル通信 No.070 | トップページ | [No.262-2]解けた氷 »