« [No.269-2]幻の女 | トップページ | [No.270-1]成長 »

ホタル通信 No.074

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.179 確実な一品   
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:男性

この小説のテーマ、分かりますか
小説のタイプとしては、“謎解き風”で「確実な一品って何?」が
軸になった話です。

この話は、小説上の男性の願望を形にした話で、最後の3行を
言いたいがための“長い前振り小説”です。
ただ、願望と言っても、女性から想われたい・・・という願望では
なく、里美(さとみ)に幸せになって欲しいという願望です。
現実の里見が幸せではなかったことへの裏返しとも言える作品
です。

直接的に、幸せ、不幸せをテーマにしようかとも考えたのですが
「幸せを手に入れる」のような表現が多いため、それならばそれ
を一旦、“物”として考え、今のアイデアにたどり着きました。
従って、このような会話は実際には行われておらず、これについ
ては実話度はゼロです。
ただ、小説の根底に流れるものは100%事実であり、その事実
を語るために、あえて嘘の話をでっち上げたようなものです。

手前味噌ですが、ショートショート風に、そこそこ仕上がっている
のですが“冬のホタルらしい”独特な世界観は控えめです。
あえて意味不明な独りよがりな話こそが、当ブログの真髄な
んですよ。
web拍手 by FC2

|

« [No.269-2]幻の女 | トップページ | [No.270-1]成長 »

(102)通信No.051~075」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.074:

« [No.269-2]幻の女 | トップページ | [No.270-1]成長 »