« [No.265-2]菜の花 | トップページ | [No.266-1]思い出すもの »

ホタル通信 No.072

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.24 一人だけの入学式   
実話度:★★★☆☆(60%)
語り手:男性

この話にはひとつ大きな謎があります。読んで頂ければ分かり
ますが、夜の学校・・・そして涙の理由です。

何度か触れたたことがありますが、冬のホタルは「影や陰」の要
素を持った小説も少なくはありません。それらに向き合うことを
教えてくれたのが、この小説だったかもしれません。

美紀が夜の学校に行ったのは願いが叶わなかったものの、何
かしらの想いが残る場所で、死を選択するためでした。
冒頭の会話部分は、実際にはメールで数回のやり取りがあり、
今でも当時の緊迫感を覚えています
冒頭の2行でその音大に向かい、3行目の会話では、なんとか
思い留まってくれたシーンから物語が展開していきます。
正確に言えば音大近くの“ある駅”に彼女を迎えに行きました。

前半はほぼ100%実話であり、逆に後半は10%程度です。

肝心な部分を隠していたため、読み手に重いムードは伝わって
いないと思います。
ただ、自分の中では、それだけ重いテーマだということの認識
を持っているため、後半は意識的に“希望”へと続く話を作って
みました
No072
web拍手 by FC2

|

« [No.265-2]菜の花 | トップページ | [No.266-1]思い出すもの »

(102)通信No.051~075」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.072:

« [No.265-2]菜の花 | トップページ | [No.266-1]思い出すもの »