« [No.263-2]ナオちゃんタクちゃん | トップページ | [No.264-1]食いしん坊 »

ホタル通信 No.071

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.16 空   
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性

この話は、当時抱えていた複数の想いを“空と遠距離恋愛”に
置き換えて表現しています。

設定上の実話度は、ほぼゼロですが、含まれている心情に真
実が多く散りばめられています。
設定とは逆で、札幌から大阪へ旅立った私。ただし、小説のよ
うに遠距離恋愛ウンヌンではなく、単に仕事の都合です。
その時の心情を遠距離恋愛に置き換えてみました。
彼と別れる寂しさと辛さは、住み慣れた土地を離れると言うこと
に他なりません

そんな時、見慣れたはずの空に、何か感じるものがありました。

“空”をテーマにした小説は他にも作っていますが、その原点と
なる作品です。
どんなに離れいても同じ空の下に住んでいる安心感・・・それが
物理的な距離さえも縮めてくれるような気がしています。その安
心感を次の言葉に集約してみました。

「あの角を曲がれば、そこにあなたの住む街がある気がする」

いまでも望郷や遠くの人を想う時、そんな心境になることがあり
ます
これからの季節、一段と空が綺麗に青く輝く季節になりました。
今年はまたどんな小説を運んでくれるのか、楽しみです。No071
web拍手 by FC2

|

« [No.263-2]ナオちゃんタクちゃん | トップページ | [No.264-1]食いしん坊 »

(102)通信No.051~075」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.071:

« [No.263-2]ナオちゃんタクちゃん | トップページ | [No.264-1]食いしん坊 »