« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

ホタル通信 No.074

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.179 確実な一品   
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:男性

この小説のテーマ、分かりますか
小説のタイプとしては、“謎解き風”で「確実な一品って何?」が
軸になった話です。

この話は、小説上の男性の願望を形にした話で、最後の3行を
言いたいがための“長い前振り小説”です。
ただ、願望と言っても、女性から想われたい・・・という願望では
なく、里美(さとみ)に幸せになって欲しいという願望です。
現実の里見が幸せではなかったことへの裏返しとも言える作品
です。

直接的に、幸せ、不幸せをテーマにしようかとも考えたのですが
「幸せを手に入れる」のような表現が多いため、それならばそれ
を一旦、“物”として考え、今のアイデアにたどり着きました。
従って、このような会話は実際には行われておらず、これについ
ては実話度はゼロです。
ただ、小説の根底に流れるものは100%事実であり、その事実
を語るために、あえて嘘の話をでっち上げたようなものです。

手前味噌ですが、ショートショート風に、そこそこ仕上がっている
のですが“冬のホタルらしい”独特な世界観は控えめです。
あえて意味不明な独りよがりな話こそが、当ブログの真髄な
んですよ。
web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.269-2]幻の女

No.269-2

「どういうこと!」

少し強い口調で、彼を問い詰めた。

「い、いきなり、なんだよ!?」

ドラマでよく見掛ける展開が今、繰り広げられようとしている。

「・・・浮気してるでしょ?」
「な、なんだよ!急に」

すぐさま否定しないところが怪しい。
でも、なぜだか慌てた様子は感じられない。

「当然だろ?浮気してないんだから」
「そんなの心の準備してたら、いくらでも対処できるじゃない!」

根拠が無い話だとは分かっている。
それでも追求せずには居られない。

「堀井美里って・・・誰?」
「・・・手帳見たのか・・・?」
「・・・というより、わざと見せたんじゃない?」
「ぷっ!・・・あはは」

彼の大笑いは、私の勘違いを一蹴することになった。

「打ち間違い?保有率・・・?」
「あぁ・・・変換したら、偶然にも女性の名前になったんだ」

その瞬間だけ現れた人・・・だから幻の女・・・か・・・。

「それが妙に印象的で、つい手帳に走り書きしたんだ」
「ねぇ・・・そのメモ、残さない?」

なぜだか、そんな気になった。
No269
(No.269完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.269-1]幻の女

No.269-1

登場人物
=牽引役(女性)=相手(男性)
-------------------------------
「ホリイ・・・ミサト・・・?」

無造作に彼が手帳を開いていた。
だから見るつもりがなくても、その文字が飛び込んできた。

(堀井美里・・・だれ?)

今まで一度も聞いたことがない名前だ。

(有名人?それとも単なる知り合い?)

それに妙なことも書かれていた。

「“幻の女”・・・って・・・なにさ?」

名前に続くようにそれが書かれていた。
何らかの関係があるのは明らかだろう。

(それにしても・・・・)

幻の女・・・名前にも増して、十分気にはなる。
ただ、今は彼との関係の方が気掛かりだ。
少なくとも男性ではないからだ。

(浮気・・・してる?)

どうしても、悪い方へ考えが飛躍してしまう。
けど、それなら積極的に隠すはずだ。
それが、こうもオープンにしていることは逆に変だ。

「・・・わざと・・・なの?」

もしかしたら、別れたい・・・ことへの意思表示かもしれない。
考えれば考えるほど、悪い方向に考えが進んだ。

(No.269-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.268-2]笑われ者

No.268-2

「せやった!」

忘れる程度の話だった・・・というオチは無いようにして欲しい。

「あのな・・・」

奈音(なお)がバーゲンの話の続きを始めた。

「みんなが笑うねん」
「笑う?」

笑われたから、怒った・・・ということだろうか?
理由を聞かないわけには行かない。

「どうして笑われたの?」
「この格好やから」

話の出だしを思い出した。

(そう言えば今の姿がどうのこうの・・・)

「まさか、バーゲン品の買い過ぎ・・・だから?」
「そう見たい」

バーゲンだから特に沢山買うことはあるはずだ。
それで、笑われたらたまらない。

「そこまで気合入れて買わんでもええやん!ということやろ?」
「そうなのかな・・・」

確かに両肩・・・両脇に沢山の紙袋を抱えている。
見ようにより、“必死さ”が笑いの対象になっているとも言える。

「それにしても沢山、買ったね」
「さっきのミニとか好きやろ?」

確かにミニスカートは奈音に良く似合うから好きだ。

「でも・・・男の視線を浴びるのは嫌だな」

今度は違う意味で、ニヤニヤ笑われるからだ。
No268
(No.268完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.268-1]笑われ者

No.268-1

登場人物
=牽引役(男性)=相手(女性)
-------------------------------
「頭くるわ、ホンマに!」

珍しく奈音(なお)が怒っている。

(怒った顔も可愛い・・・じゃなくて!)

「ど、どうしたの?」

待ち合わせでイキナリの剣幕だ。

(もしかして原因は・・・僕!?)

口には出さなかったものの、思わず自分で自分を指差した。

「違う、違う!」

聞けば、今の奈音の姿が原因しているらしい。
確かに・・・。

「それにしても・・・すごい荷物だね」
「うん、バーゲンしてたから」

お店の名前らしきものが書かれた紙袋を抱えている。
それも、ひとつやふたつではない。
僕には全く分からない店の名前ばかりだ。

「女の子には人気やねん!」

そう言うと、紙袋の中を見せてきた。

「わぁ!みじかっ!」

穿かなくても、それがかなり短めのスカートだと分かる。

「そんなに驚かんでもええやん」

どことなく、嬉しそうな言葉に“してやられた”と感じた。
ただ、話が反れつつある。

「あの・・・怒ってたんじゃない?」

(No.268-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.073

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.191 彼女の友達   
実話度:★★★★☆(80%)
語り手:男性

話の本筋はかなり事実に近いのですが、凝った内容に作り変
えた弊害が所々に出ています。原文には修正を加えていませ
んので、その不完全さもお楽しみください。

高校の時、女友達の紹介で、ひとりの女の子(Aさん)と付き合
うことになりました。
・・・で、間の話は省略しますが、Aさんの友達であるBさんから
告白され、いわゆる二股がここから始まりました。

さて、小説上の最初の弊害です。

小説冒頭の“もてた、自慢”の言葉は僕とさとみ(相手)の間で
既に“二股の話”をしていることを間接的に表現しています。
ところが二股になる最初の原因・・・つまり紹介された女の子と
の出逢いまでさかのぼり、回想として盛り込んでしまったため、
次のセリフが唐突に登場した感が残ります。
    「良く言えば二股できるほど、もてたってことよね?」

次の弊害なのですが、小説上の“僕”以外に女の子が4人登場
していますが、誰がどんな立ち位置なのか、分かりにくくなって
います。
整理すれば、まず僕と会話している、さとみで1人目。次に中学
時代の女友達で2人目。そして、二股の2人の計4人です。
結果的に、二股の2人に振られたけれど、実は女友達のことが
ずっと好きだった・・・というオチです。オチの部分は創作で、二
股のどちらにも振られてしまった・・・という所までが実話です。

最後に小説にも度々出てきた“流行歌”・・・分かりますか?
web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.267-2]ゆれて湘南

No.267-2

「自分で言ってたんだ・・・似ていると」

でも、その時は誰だかすぐには分からなかった。
僕とは年代が違い過ぎるアイドルだ。

「その頃は、特に調べもしなかった」

それでも、意識すればチョクチョク名前が耳に入ってきた。

「その彼女とは?」
「色々あってね・・・」
「是非、その色々を聞きたいわね!」

冗談半分、本気半分・・・と言った表情をしている。

「話の流れが変わってきてないか?」
「・・・そうかなぁ~?」

今更、こんな話をしたのには理由があった。
そのアイドルの“現在”の方が若い時よりも彼女に似ている。

「ちょっと違うわね」
「違う?」
「重ねたのよ、彼女が同じような年齢になった時と」

最初は言っている意味が分からなかった。

「・・・で、顔を見たら次は声を聞きたくなるわよね?」

勝手に話を進めて行く。

「電話番号なんて、もう知らないよ!」
「iPod出してよ」
「えっ!」

これだから女性は・・・何事にも鋭い。

「そのアイドルの歌、ダウンロードしたでしょ?」
No267_2
(No.267完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.267-1]ゆれて湘南

No.267-1

登場人物
=牽引役(男性)=相手(女性)
-------------------------------
最近、あるTVコマーシャルを見た。
それが、始まりだったように思う。

「名前は知ってるけど・・・」
「僕も始めはそんな程度だったよ」

その女性は、80年代を彩ったアイドルの一人だ。
いわゆる花の82年組アイドルだったらしい。

「・・・の割には詳しくない?」
「知らなかったから、逆に調べたんだよ」
「・・・」
「何だよ・・・」

無言でも言いたいことが顔に書いてある。

「どんな人か知りたかったんだよ、だから・・・」
「そう、ムキにならなくてもいいわよ」

愛美(まなみ)よりも倍近い年齢差がある。
それでも、ヤキモチを焼くとでも言うのであろうか?
これだから女性は・・・難しい。

「年齢のこと、考えていたでしょ?」

僕の考えていることは見透かされていたようだ。

「ねぇ、それより何で今更?」
「実は・・・」

そのアイドルを見て改めて思った。
以前、好きだった人に似ている・・・と。

「元カノ?」
「そうじゃないけど・・・」

一言では言えない関係だったのは事実だ。

(No.267-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.266-2]思い出すもの

No.266-2

メールから2日後、僕に社内便が届いた。
差出人は・・・彼女だった。
明らかに不自然な厚みが目立つ。

(何だろう・・・?)

当然、仕事関係の何か・・・を想像した。
でも、思い当たるものはない。
ある意味、恐る恐る封を切った。

「・・・北海道・・・限定・・・」

中には北海道限定のお菓子が入っていた。

「なんで・・・?」
「・・・んっ、あれ?」

お菓子と共に、小さな便箋が入っていた。
それには、こう書かれていた。

『これでも食べて、北海道のことを思い出してください』

(これって、2日前の返事?)

具体的な“かたち”で返事が届いたことに驚いた。
もちろん、彼女なりの方法で・・・だ。

(でも、ちょっと違うんだよなぁ)

真っ先に思い出すのは北海道より彼女のことになりそうだ。

(No.266完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.266-1]思い出すもの

No.266-1

登場人物
=牽引役(男性)=相手(女性)
-------------------------------
『連休は帰ってくるんですか?』

GWを目前に仲の良い同僚からメールが届いた。
彼女とは以前の勤務地からの付き合いだ。

『残念ながらGWは帰省しません』

別に嘘は付いていない。
ただ、ある期待を含めて言葉を選んだつもりだ。

『別に残念じゃないけど?』

そんな返事を期待していた。

「・・・まぁ、いつも通りだよな」

返事は来なかった。
今に始まったわけでもないから、気にはしていない。
大概、メールのやり取りは、2回で終了する。

「それにしても・・・」

メールの内容の方が気になる。
帰省を期待していたように思えるからだ。
だからこそ、僕の返事に落胆したのかも・・・。

(良く考えすぎだな・・・)

この時は単なる社交辞令だと思っていた。

(No.266-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.072

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.24 一人だけの入学式   
実話度:★★★☆☆(60%)
語り手:男性

この話にはひとつ大きな謎があります。読んで頂ければ分かり
ますが、夜の学校・・・そして涙の理由です。

何度か触れたたことがありますが、冬のホタルは「影や陰」の要
素を持った小説も少なくはありません。それらに向き合うことを
教えてくれたのが、この小説だったかもしれません。

美紀が夜の学校に行ったのは願いが叶わなかったものの、何
かしらの想いが残る場所で、死を選択するためでした。
冒頭の会話部分は、実際にはメールで数回のやり取りがあり、
今でも当時の緊迫感を覚えています
冒頭の2行でその音大に向かい、3行目の会話では、なんとか
思い留まってくれたシーンから物語が展開していきます。
正確に言えば音大近くの“ある駅”に彼女を迎えに行きました。

前半はほぼ100%実話であり、逆に後半は10%程度です。

肝心な部分を隠していたため、読み手に重いムードは伝わって
いないと思います。
ただ、自分の中では、それだけ重いテーマだということの認識
を持っているため、後半は意識的に“希望”へと続く話を作って
みました
No072
web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.265-2]菜の花

No.265-2

「今思えば、意味も無く摘んだことに罪悪感を感じるわね」
「大袈裟だけど・・・そうかもしれない」

いずれ花は枯れる。
けど、それを早めてしまった事実は残る。

「なんとなく、しんみりしちゃうわね」
「今度は、ちゃんと食べようね」
「しつこい!」

笑顔で友人を怒った。
でも、騒ぎながら歩く土手沿いの道がなぜか無性に楽しい。
春の陽気のせいか、それとも私たちの陽気のせいだろうか。

「食べる話しをするからお腹が空いてきたじゃない!」
「話をしなくても・・・でしょ?」

気付けば陽も大分、傾いている。

「軽く飲みに行かない?」
「珍しいわね」

何となく、今日は一杯行きたい気分だった。
しゃべり過ぎて喉が渇いたこともあるのだろうか。

「軽くと言わずに・・・行きますかぁ!」

居酒屋に到着した後も菜の花の話題は続いた。

「そもそも何で食べたとか、の話になったんだっけ?」
「さぁ・・・覚えてない」

・・・と言うより、思い出すのことが面倒に感じた。

「それより、食べるわよ!」

まずは目の前のお通しに口を付ける。

「美味しい!これ何のお浸しなのかな?」
No265
(No.265完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.265-1]菜の花

No.265-1

登場人物
=牽引役(女性)=相手(女性)
-------------------------------
「・・・で、食べたの?」
「ううん、食べてはいない」

どう処分したか正直、覚えていない。
ただ、食べてないことは確かだ。

「じゃあ、捨てちゃったんだ?」
「・・・そうなるわね」

GW中、友人と久しぶりに遊ぶ約束をした。
昼間からカラオケ三昧・・・のはずだった。
それが、成り行きで土手沿いの道を歩くことになった。

「別に食べなくてもいいじゃない?」
「そうだけど・・・なら、どうして摘んだの?」

答えを知りながら質問しているように感じる。

「子供の頃って、そんなものでしょ?」

確かにそうなんだ。
どうするわけでもなく、草花を摘む。
その行動に、特別な意味はない。

「同じように、“つくし”も摘んでたよ」

どちらも身近な春の草花だ。

「“つくし”は食・・・」
「だから、食べてないってぇ」
「ジョークよ、ジョーク」

毎年、どこかで見ているはずの菜の花たち。
それがかえって当たり前過ぎて、話題にすることがない。

「・・・改めて見ると、綺麗ね」
「でしょう?」

陽の光を存分に浴びた菜の花たち。
鮮やかな黄色が目に痛いほど輝いている。

(No.265-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.264-2]食いしん坊

No.264-2

「せいじゅうろうが一本食べたあと、うちも食べた」

写メがなんとなく、それを物語っている。
かなり、想像を飛躍させないと行けないが・・・。

「確かに・・・食べ終えた串が2本写ってるな」
No264
話のつじつまは合っている。

「美味しかった?」
「うん!せいじゅうろうも、そう申しておりました!」

他人からすれば馬鹿馬鹿しい話をかなり本気で話す。
それに俺も本気で付き合う。

「それにしても夜にだんごは・・・なくない?」
「せやかて、せいじゅうろうが好きなんやもん」

まぁ・・・好き嫌いに関係なく色は似ている。
どちらも、だんご色だ。

「じゃ・・・最後の1本はせいじゅうろうが食べたの?」

写メには、もう1本写っているからだ。

「ううん、違うよ」
「じゃあ、菜緒?」
「ううん、うちでもない」

そう言い終えると、かばんの中をゴソゴソし始めた。

「えっ!まさか・・・」

予想に反して、だんご屋の割引券が出てきた。

「キイロイトリに食べられてしもうたんや、だからお詫びに」

一見奇妙な会話もふたりなら、ごく自然に成立する。

(No.264完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.264-1]食いしん坊

No.264-1   [No.07-1]せいじゅうろう

登場人物
=牽引役(男性)=相手(女性)
-------------------------------
「昨日の夜?」
「うん、昨日のメニュー・・・」

(なんだろう・・・記憶を試されている?)

確かに何を食べたのか思い出せない時もあるが・・・。

「間違いなく、コンビニの弁当」
「・・・」
「・・・なんだよ」

独身だし、恋人も居ないんだから、ある意味当然だ。

「幕の内だから、栄養バラ・・・」
「うちのメニューも聞いてくれる?」

うちのも・・・じゃないだろう。
最初から自分のメニューだけを聞いて欲しかったようだ。

「あぁ・・・で、なに食べたの?」
「牛乳とだんご!」
「・・・」
「・・・なんやねん」

これを言いたいがためのネタ振りだったようだ・・・俺は。
ただ、牛乳とダンゴ。
これをどう捉えたら良いのか迷う。

(待てよ・・・)

このパターンはいわゆるアレ・・・だ。

「それって、せいじゅうろうのメニューだろ?」
「当ったり~!」
「そ、そうなの!?」

結論が早く出過ぎて、何だか微妙な気持ちになった。

(No.264-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.071

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.16 空   
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性

この話は、当時抱えていた複数の想いを“空と遠距離恋愛”に
置き換えて表現しています。

設定上の実話度は、ほぼゼロですが、含まれている心情に真
実が多く散りばめられています。
設定とは逆で、札幌から大阪へ旅立った私。ただし、小説のよ
うに遠距離恋愛ウンヌンではなく、単に仕事の都合です。
その時の心情を遠距離恋愛に置き換えてみました。
彼と別れる寂しさと辛さは、住み慣れた土地を離れると言うこと
に他なりません

そんな時、見慣れたはずの空に、何か感じるものがありました。

“空”をテーマにした小説は他にも作っていますが、その原点と
なる作品です。
どんなに離れいても同じ空の下に住んでいる安心感・・・それが
物理的な距離さえも縮めてくれるような気がしています。その安
心感を次の言葉に集約してみました。

「あの角を曲がれば、そこにあなたの住む街がある気がする」

いまでも望郷や遠くの人を想う時、そんな心境になることがあり
ます
これからの季節、一段と空が綺麗に青く輝く季節になりました。
今年はまたどんな小説を運んでくれるのか、楽しみです。No071
web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.263-2]ナオちゃんタクちゃん

No.263-2

(時は・・・常に流れてるのね)

高校生だった頃とは随分、印象が違う。
見た目じゃなくて、タバコという具体的なものを見たからだ。
それだけでも大人びて見える。

それは私もきっと同じなんだろう・・・。

「染めたんだ・・・髪?」
「特に意味はないんだけどね」

卒業を期に・・・という気は本当になかった。

「僕はあった」
「理由を聞いてもいい?」
「大人っぽく見せたかった・・・ただそれだけ」

そう言われると、なんだか自分もそのような気がしてきた。

「私もそうなのかなぁ?」

急に昔の自分たちの姿が脳裏をよぎる。

「変わらない方が、逆におかしいのかもしれないね」
「・・・かもな」

それからは穏やかな時間が過ぎて行った。

「じゃあ、ナオちゃんも仕事頑張れよ」
「うん、タクちゃんも・・・あれ?」

お互い顔を見合わせる。
大人ぶっても、変わらないものだってあることに今気付いた。No263
(No.263完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.263-1]ナオちゃんタクちゃん

No.263-1

登場人物
=牽引役(女性)=相手(男性)
-------------------------------
「そっちこそ!」
「私の自由でしょ!」

お互い大声を張り上げた瞬間、冷静に戻った。
周りの客達の視線が突き刺さったからだ。

「・・・まぁ、卒業以来だから・・・な」
「うん、2年振りだね」

実家の隣に住む幼なじみが居る。
同じ高校にも通っていたが、卒業を期に疎遠になった。
心情的なものではなく、物理的な距離のためだった。

「仕事は順調?」
「まぁ・・・な」

GWを利用して、彼が帰省してきた。
卒業してから初めてのことだった。

「それより、なんだよ・・・その髪の色?」

さっきより、トーンも口調も柔らかくなっていた。

「・・・見ての通りよ、あなただって・・・」

目の前でプカプカとタバコを美味しそうにふかしている。

「いいだろ?吸っていい歳なんだから」

お互い相手にケチを付けている。
でも、彼が一言言いたい気持ちも理解できる。
きっと、私と同じ理由だと思うからだ。

(No.263-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.262-2]解けた氷

No.262-2

彼女がそうなったのは歴代の上司に問題があった。
問題と言っても、具体的に何かをしたわけではない。
もしろ、その逆だった。

「任されるのと、押し付けられるのは違う」

面倒な仕事は彼女に押し付ける。
・・・で、その成果はもちろん上司のものだ。

「組織だからそれが当たり前だけど、でも・・・」
「信頼関係だろ?」

優実(ゆうみ)が小さくうなづいた。
それに気付いてからは、彼女の仕事を理解しようと努めた。
同じ目線に立ち、時には指摘することもあった。

「誉められるより、嬉しかったのよ」

それから、彼女は変わった。

「辛かったろ?」
「・・・まあね」

さりげない返事が逆に重みを感じる。

「今はどんな風に見える?」

改めて言われると緊張する。
その笑顔が眩しすぎるからだ。

(No.262完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.262-1]解けた氷

No.262-1

登場人物
=牽引役(男性)=相手(女性)
-------------------------------
最初の印象は、良くなかった。

「これは、こうして頂かないと」

言葉は丁寧でも、いわゆる事務的な感じがある。
それよりも印象を悪くしている理由は他にあった。

信頼されてない・・・そんな態度が見え隠れしていた。

「いきなり、カミングアウトしたわね」

優実(ゆうみ)と昔話に花が咲いた。
それも、彼女と出逢った頃の話までさかのぼった。

「そんな風に見えたの?」

彼女が居た部署に僕が異動した。
そして、僕の部下になった。

「見えたと言うより、実際そうだっただろ?」
「まぁ、否定はしないけど」

最初は単に“そんな奴”だと思った。
新参者の上司に対する“歓迎”だとも考えた。

「でもな・・・何か理由があると思ったんだ」
「良く分かったわね」

大袈裟だけど、瞳の奥に何か訴えるものを感じていた。

(No.262-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »