« [No.260-1]眼鏡の理由 | トップページ | [No.261-1]最高の誉め言葉 »

[No.260-2]眼鏡の理由

No.260-2


「今日も・・・忘れた・・・の?」

友人が解せない顔をしている。

「うっかり・・・」
「でも、今日で4回目よ?」

目が悪い人にとっては、コンタクトは重要な存在だ。
だから“うっかりはないんじゃない?”そんな顔をしている。

「わざと・・・?」

眼鏡は確かに“わざ”と掛けている・・・必要だから。
でも、“わざ”とコンタクトを忘れたわけではない。
そもそも、コンタクトは嘘なのだから。

「・・・理由がありそうね」

思案していたことが、よほど顔に出たらしい。
直球を投げ込まれた。

「えっ!あっ!う、うん・・・」

この返事だけで、今までの話が嘘だということがわかっただろう。

「で、理由はなにさ?」
「偶然に・・・出逢わないかな?って・・・探してるの・・・」

この辺りは、元カレがよく来ていた場所だった。

「眼鏡がないと見つけられないから」

(No.260完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

|

« [No.260-1]眼鏡の理由 | トップページ | [No.261-1]最高の誉め言葉 »

(011)小説No.251~275」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.260-2]眼鏡の理由:

« [No.260-1]眼鏡の理由 | トップページ | [No.261-1]最高の誉め言葉 »