« [No.259-1]彼女の人生 | トップページ | ホタル通信 No.069 »

[No.259-2]彼女の人生

No.259-2

「卑怯な手?」

自分でも分かるほど態度を一変させた。
どうにでもなれ・・・投げやりな態度で接することが多くなった。
僕が去るんじゃない・・・君が去れ・・・と。

「ひどい話だろ?」
「そうね・・・」

彼女から別れ話を切り出すことを望んだ。
そして、それは現実となった。

「後悔・・・してるのね?」

してないと言えば嘘になる。
けど、それでも良かったとも思っている。

「彼女の人生に触れたかっただけなのかな・・・」

改めて声に出して、自分に問い掛けた。
もちろん、多華子(たかこ)にも聞こえるように。

「違うんじゃない?」
「本当は彼女の人生までも変えようと思ったはずよ」

それには答えられなかった。
それが、逆に事実だったからだ。

「灯りになれなくても・・・暗闇のままでも、いいじゃない!」

そう言うと多華子が、そっと僕の手を握る。

「これなら暗闇だって前に進める、例え灯りがなくても」

(No.259完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

|

« [No.259-1]彼女の人生 | トップページ | ホタル通信 No.069 »

(011)小説No.251~275」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.259-2]彼女の人生:

« [No.259-1]彼女の人生 | トップページ | ホタル通信 No.069 »