« [No.258-2]続・ハズレの景品 | トップページ | [No.259-2]彼女の人生 »

[No.259-1]彼女の人生

No.259-1

登場人物
=牽引役(男性)=相手(女性)
-------------------------------
「・・・結局、僕は逃げたんだ」

事実であっても、どこかで慰めて欲しい気持ちもあった。

「話したら?」

きっかけは、多華子(たかこ)の一言だった。
サバサバした性格の彼女は、元カノの話をしても寛大だった。
見せかけだけじゃなくて。

「・・・灯りになりたかったんだ」
「あかり?」

色々と問題を抱えていた彼女と知り合った。
深くかかわるうちに、それを解決してやろうと思った。
それが、いつの間にか愛情に変わった。

「そう・・・行き先を照らす灯りに・・・」

彼女の問題はかなり深刻だった。
“それであっても”という気持ちに当時、嘘はなかった。

「あなたらしいわね」
「でもな・・・」
「“僕じゃだめ”だと・・・?」

いつしか、非力な自分がいることに気付き始めた。

「あぁ・・・そう思うようになった」
「元々、あなたには関係がないことばかりでしょ?」
「でも・・・結局、僕は逃げたんだ」

実際は、もっと卑怯な手を使った。

(No.259-2へ続く)

|

« [No.258-2]続・ハズレの景品 | トップページ | [No.259-2]彼女の人生 »

(011)小説No.251~275」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.259-1]彼女の人生:

« [No.258-2]続・ハズレの景品 | トップページ | [No.259-2]彼女の人生 »