« [No.258-1]続・ハズレの景品 | トップページ | [No.259-1]彼女の人生 »

[No.258-2]続・ハズレの景品

No.258-2

「ふぅ~、ようやく片付いたわね」

改めて部屋の広さに驚く。

「こんなに広かったの?」
「そうみたいね」

ビフォーを知る咲(さき)も同感のようだった。

「本当なら私じゃないほうが良かったでしょ?」
「・・・正直、そうかもしれない」

彼とふたりで部屋を出ることだって有り得た。
そう望まなかったわけでもない。

「でも、ひとりになっちゃったからねぇ~」

自分でも意識して明るく振舞った。

「無理しちゃって」
「分かるぅ?」

ただ、ここまでが限界だった。
明るく振舞えば振舞うほど、涙が出そうになる。

「・・・ひとりじゃないよ」
「うん、今日来てくれてありがとう、咲・・・」
「・・・バカね、私じゃないわよ」

咲の言葉に一瞬、ご本人登場・・・のテレビ番組を思い出した。

「さすがに、それはないよ」
「・・・そうよね」
「ほら、それそれ!」

咲がポインセチアの鉢を指差す。
そうだ・・・彼との想い出が詰まったポインセチアと部屋を出よう。

(No.258完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

|

« [No.258-1]続・ハズレの景品 | トップページ | [No.259-1]彼女の人生 »

(011)小説No.251~275」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.258-2]続・ハズレの景品:

« [No.258-1]続・ハズレの景品 | トップページ | [No.259-1]彼女の人生 »