« ホタル通信 No.068 | トップページ | [No.258-2]続・ハズレの景品 »

[No.258-1]続・ハズレの景品

No.258-1 ハズレの景品

登場人物
=牽引役(女性)=相手(女性)
-------------------------------
引越しすることにした。
理由は特にない・・・ただ、そんな心境だった。

「・・・いつなの?」
「来週」
「えっ!」

引越しと言えるほど大袈裟なものではない。
数百メートル先に良い物件を見つけた。

「もぉ・・・びっくりしたじゃない」
「どこか遠くに行くなら事前に言うよ」

咲(さき)とは英会話スク-ルで知り合った。
お互い勤め先は違う。

「転勤かと思ったよ」
「・・・想い出を・・・断ち切るため?」
「・・・ううん、元彼のことは関係ない」

最近、彼と別れた。
確かにそれが引き金になったことは否定しない。
けど、それを部屋ごと消し去ろうとは考えていない。

「お互い納得して別れたから」
「ふ~ん」

そんなことどうでもいい・・・そんな表情だ。
多分、私も他人のことならそうなる。
男女の別れに“納得”という言葉は綺麗すぎるからだ。

「まぁ・・・ひとり寂しく引越し、ということね」
「・・・咲、来てくれないの?」
「いいけど、ランチぐらいは考えてよね」

引越し当日はあっと言う間にやってきた。

(No.258-2へ続く)

|

« ホタル通信 No.068 | トップページ | [No.258-2]続・ハズレの景品 »

(011)小説No.251~275」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.258-1]続・ハズレの景品:

« ホタル通信 No.068 | トップページ | [No.258-2]続・ハズレの景品 »